CEATEC AWARD
CEATEC AWARD

CEATEC AWARD 2021 とは

CEATEC AWARD 2021は、本年で11回目を迎え、CEATEC 2021 ONLINEに展示される技術・製品・サービス等の中から、出展者が事前に応募した出展品・案件について、「CEATEC AWARD 2021 審査委員会」が学術的・技術的観点、市場性や将来性等の視点から、イノベーション性が高く優れていると評価できるものを審査・選考し、表彰するものです。

CEATEC AWARD 2021 審査会

審査委員会構成

  1. 学会(順不同・予定)
    一般社団法人情報処理学会 / 一般社団法人電子情報通信学会 /
    一般社団法人映像情報メディア学会 / 一般社団法人電気学会
  2. メディア関連(順不同・予定)
    株式会社MM総研 / 日刊工業新聞社 / 日経BP総合研究所 /
    アイティメディア株式会社 / ベライゾンメディアジャパン株式会社
  3. オブザーバー
    総務省 経済産業省(建制順)
    一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA) CEATEC 2021 主催団体
    一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ) CEATEC 2021 共催団体
    一般社団法人ソフトウェア協会(SAJ) CEATEC 2021 共催団体

CEATEC AWARD 2021 大臣賞の紹介

CEATEC AWARD 2021 総務大臣賞 1点 

CEATEC 2021 ONLINEに出展参加し、CEATEC AWARD 2021に応募のあった中から、IoT/ビッグデータ時代における情報通信・ネットワーク・データ・AI技術・IoT技術の高度利活用やそれらによるサービスの提供、AIネットワーク化や地域社会におけるIoT利用など、CPS/IoT社会の進展とSociety5.0の実現に、最も寄与すると評価される応募案件を選考します。
特に、ニューノーマル社会におけるデジタルトランスフォーメーションによる豊かな暮らしと社会、経済活動の効率化や 付加価値化の促進に最も貢献すると評価される案件、技術、製品、サービス、またはそれを支えるソフトウェア、アプリケーション、部品・デバイスに対して、『CEATEC AWARD 2021 総務大臣賞』を授与します。(申請中)

CEATEC AWARD 2021 経済産業大臣賞 1点 

CEATEC 2021 ONLINEに出展参加し、CEATEC AWARD 2021に応募のあった中から、AIやロボット技術、ビッグデータ等を用いるなどにより、新たな価値を生み、暮らしや社会、ビジネス、産業における課題解決と変革を促すものづくり、IoTを利活用したサービス、また、IoTを推進する横断的な技術の開発など、CPS/IoT社会の進展とSociety5.0の実現に最も寄与すると評価される応募案件を選考します。
特に、ニューノーマル社会におけるデジタルトランスフォーメーションを促す創造性と市場性に優れ、次代の暮らし・社会・ビジネス・産業 度化に最も貢献すると評価される案件、技術、製品、サービス、またはそれを支えるソフトウェア、アプリケーション、部品・デバイスに対して、『CEATEC AWARD 2021 経済産業大臣賞』を授与します。(申請中)

CEATEC AWARD 2021 部門賞の紹介

全部門ともグランプリ1点・準グランプリ1点

CEATEC AWARD 2021 部門賞 (1)  ニューノーマル社会への提案・共創カテゴリー

カーボンニュートラル部門

「脱炭素社会」の実現を目指し、産業・社会・暮らしの持続的な維持・発展に貢献する、 素技術やコンセプト含む先進的な技術・製品・サービス、新たなソリューションやビジネスモデルの案件を対象とし、カーボンニュートラルへの貢献性に優れると評価されるものを表彰する。

スーパーシティ/スマートシティ部門

ニューノーマル社会を先導するスーパーシティ/スマートシティの実現に向け、社会と暮らしの全般における先進的サービスやデータ連携・活用など、治体や異業種への提案と共創を促すテクノロジやサービス等の案件を対象とし、未来社会への貢献性や実現性に優れると評価されるものを表彰する。

デジタルトランスフォーメーション DX部門

ニューノーマル社会への変革に対応し、多様な分野の産業・ビジネス活動や社会・暮らしにおいてデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する、技術・製品・サービス、ソリューションやビジネスモデルの案件を対象とし、先進性や具体的実現性・市場性に優れると評価されるものを表彰する。

CEATEC AWARD 2021 部門賞 (2)  オープンカテゴリー

ソリューション部門

産業・ビジネス・社会・暮らしを持続的に維持し豊かに発展させるための、新たな技術・製品・サービス・ソフトウェア・アプリケーション、それを含むソリューションやビジネスモデル等の案件を広く対象とし、先進性や具体的実現性、社会への 献性等に優れると評価されるものを表彰する。

要素技術・デバイス部門

産業・ビジネス・社会・暮らしを持続的に維持・発展させる上で、そこに活用されるIoT技術を初めとした要素技術やそれに用いられるデバイス及びそのテクノロジ、またはその開発コンセプトを対象とし、先進性や技術性、製品・サービス等への活用性に優れると評価されるものを表彰する。

スタートアップ ユニバーシティ部門

IoTや 連する技術・製品・サービス・ソフトウェア・アプリケーション・ビジネスモデル等を開発し、それを市場に投入するスタートアップ企業や大学・研究機関からの応募案件を対象とし、具体的実現性や社会への貢献、技術的高さ・市場性等の観点から優れると評価されるものを表彰する。