About CEATEC

安全・節電・感染症対策

CEATEC の感染症対策

幕張メッセ会場で開催されるCEATEC 2022は主催者として新型コロナウィルス感染症対策ガイドラインに沿って、 感染防止対策を講じながら運営をしてまいります。
開催にあたりましては、出展者及び来場者を含めた関係者の皆様の安全を最優先に考え、以下の取り組みを行います。

新型コロナウイルス感染症対策

  • CEATECに関与する全ての方はWEBでの事前登録を推奨し、当日登録を行う場合には感染症対策に配慮した運営を行います。

  • 厚生労働省が提供する新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の登録を推奨します。

  • 会場内に入館するすべての方は、マスクの着用を必須とします。

  • 入館前に検温を実施し、37.5度以上の発熱がある方は、入場をお断りします。

  • 手指消毒にご協力をお願いします。(出入口及び共用部には手指消毒液を設置)

  • 共用部(受付、ラウンジ、セミナー会場等)はこまめに消毒を行います。

  • 会場内の通路幅は最低4m、列に並ぶ際の間隔は最低1mを設け、ソーシャルディスタンスを可能な限り確保します。

  • 企業セミナー会場内における、聴講者の席は最低1mの間隔を確保します。

  • 会場内はCO₂濃度測定を行いながら、十分な換気を行います。

  • 救護室には看護師が常駐します。新型コロナウイルス感染疑い者専用の救護室の設置も行います。

  • 空間除菌効果のある噴霧器をセミナー会場等に設置します。

  • 会場内の収容人数については開催時の政府、自治体の方針に準ずる対応をします。

  • 主催者の取り組み

    • 展示会場内の感染症対策
      • 密な環境を生まないような小間割りを実施します。
      • 入場手続きに伴う施設など待機列が予想される場所には、床面に間隔を保つ目印を設置します。
      • 入場手続きに伴う施設において、来場者との対面での会話が必要な場所には飛沫・接触感染防止のため、パーテーションを設置します。
      • 主催者が展示ホール内に設置する休憩所・ラウンジなどには、手指消毒液を設置します。
      • 他社と共用する物品(テーブルやイス等)の消毒をこまめに行います。
      • 展示ホール内空気循環のため、搬入出口を運営・安全面で支障がない範囲で開放します。
      • 搬入期間及び会期中は看護師を常駐させ、体調不良の方の一時手当を行います。
      • 感染疑い者発生時については”感染疑い者発生時のマニュアル”に沿って対応を致します。
    • 来場者への感染症対策
      • 来場者の事前入場登録を推奨し、入場手続きに伴う施設での対面接触の機会を削減します。
      • 主催者が業務委託する運営業務従事者全員に、毎朝の検温と体調確認を徹底します。
      • 会場内に入館する全関係者にマスクの着用、手洗い、手指消毒を徹底します。
      • 会場内に入館する全関係者に、検温を実施します。
      • 入館時の検温で37.5度以上の発熱があることが確認された入館者、または体調不良を申告した入館者に対し、入館をお断りします。
      • 搬入期間及び会期中は看護師を常駐させ、体調不良の方の一時手当を行います。
  • 混雑時の対応

    • 来場者数を把握し、混雑の際は入場制限を行います。
    • 会場内で蜜な環境が発生しないよう、適宜巡回し、注意喚起を促します。
    • 最終日、閉館後は来場者に速やかな退館を促し、搬出時の密な環境を回避します。
  • セミナー会場の安全対策

    • 登壇者・司会者の演台にパーテーションを設置し、飛沫感染防止に努めます。
    • 換気を良くするために出入口を開放します。
    • 聴講者間の距離を確保し、ソーシャルディスタンスを保ちます。
    • 登壇者が使用するマイクやパソコンなどの備品は毎回消毒を行います。
  • 出展者へのお願い

    • 出展準備時
      • ブースをデザインする際は、密を避け(壁を少なくする、レイアウトに余裕を持つ等)、現場施工の負担が大きくならないデザインを計画してください。
      • 顧客を招待する際は、会場での検温が実施されること、マスク着用が必須であることなど注意事項の周知をお願いします。
      • スタッフの感染症対策としてマスクやフェイスシールド、消毒用品のご用意をお願いします。
    • 搬出入時・会期中
      • 勤務予定のスタッフ全員に対し、毎朝の検温と体調確認の徹底をお願いします。
      • スタッフ全員のマスク着用と頻繁な手洗い、手指消毒を徹底してください。
      • 感染症対策に伴い、感染確認のための検査キットをご用意いただくことを推奨致します。
      • 商談スペースで来場者と対面となるレイアウトの場合には、双方のマスクの着用を徹底し、飛沫感染防止のためのアクリル板ビニールカーテンなどの遮蔽物を設置するようお願いします。
      • ブース内の共有物品やドアノブなど、人の手が触れるものをこまめに消毒するようお願いします。
      • 来場者が触れることができる出展物等には、都度消毒を行うような運営をお願いします。
      • 来場者向けの印刷物については非接触での提供が可能なデジタル化などをご検討ください。
      • ブース内にステージを設置する等、来場者が滞留する可能性のある場所には来場者同士が距離をとるよう、それぞれの床面に立ち位置を表示して下さい。
      • ステージ等でマスクを外してナレーション等を行う場合は、飛沫防止シートを設置し、来場者との距離を2m以上空けるような対策をお願いします。
      • 来場者が自由にピックアップするノベルティ等の配布については来場者が必ず消毒をした上でのお渡しをお願いします。
      • 自社ブースの来客状況によりデモンストレーションや商談時間を柔軟に調整し、密な状況を作り出さないようご配慮をお願いします。
      • 商談や説明時なども含め、大声での会話や呼び込みはお控えください。
      • 外出後や商談後には、スタッフの手指消毒の徹底をお願いします。
      • 閉館後は来場者に速やかな退館を促してください。
      • 搬出の際、密な環境を生まないような作業スケジュールの構築をお願いします。
      • マスクやフェイスシールド、手袋などウイルスが付着している可能性があるものはプラスチック製袋などに入れた上で必ず密閉し、破棄してください。
      • 自社ブースで勤務するすべてのスタッフ(外注先も含む)の日別名簿を作成し、会期終了後3週間保持してください。保健所より問い合わせがある場合があります。

CEATECの防災・安全対策

CEATEC では、来場者の皆様が安心してご見学、商談を進めていただくため、また、出展者の皆様をはじめとした関係者の皆様が安心して展示会に臨んでいただくため、防災・安全対策を強化し開催いたします。

災害発生時、運営事務局は「来場者・出展者の安全確保を最優先する」を基本方針として行動します。

  • 災害発生時には、情報収集をいち早く収集し、来場者の皆様、出展者および関係者の皆様への情報提供・避難誘導を行うとともに、火災発生の際の初期消火、ケガ人などの救護に努め、消防・警察などの関係機関と連携し、皆様の安全を確保するよう努めます。
  • 主催者・出展者が協力し、地震・火災などの災害発生時を想定した倒壊防止、漏電防止に配慮したブース設計に取り組み、避難経路を考慮した通路幅の確保など、安心して見学いただける環境を作ります。
  • 災害発生時、皆様に館内放送などで迅速に情報を提供し、非常事態でも落ち着いて行動していただけるように配慮いたします。

CEATECの節電対策

CEATEC では、主催者と出展者が協力し、自主的にさまざまな節電を実施いたします。
来場者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

クールビズの推奨

CEATEC 2022では、2022年10月18日(火)~22日(金)の期間を通して、「クールビズ」を推奨いたしております。来場者の皆様にも、ノーネクタイ・ノー上着でのご参加をお願いいたします。

主催者による節電対策

  • 空調の間引き運転
  • 中央モールでの照明の削減
  • エスカレータの間引き運転

出展者による節電対策

  • 消費電力の少ない部材の使用促進(LED照明等)
  • ブース設計時での節電配慮