CONFERENCE
CONFERENCE

Update News

Main-Eventメインイベント

メインイベント

CEATEC 2021 CONFERENCE メインイベント 10/19-配信開始!
業種と国境を超えて、グローバル企業のエグゼクティブ、キーパーソンが登壇する企画セッションや技術セッション、セミナーを多数展開!

セッション情報はさらに続々と公開されます。来場登録をしていただいた方には公式メールマガジンでアップデート情報をお知らせいたします。

2021/10/19

  • 10:30 - 11:15

    Society5.0/IoT/DX/SX

    ニュースイッチ・ラボ①

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 5

    CEATEC 2021 ONLINEにおいて、日刊工業新聞社のオンラインメディア「ニュースイッチ」が主催するセミナーを今年も開催します。今、注目のキーワードをわかりやすくお届けします。

  • 10:30 - 12:00

    カーボンニュートラル

    同時通訳有り

    「グリーン×デジタルコンソーシアム」設立総会

    カーボンニュートラル

    CHANNEL 1

    気候変動対策のため、世界各国で温室効果ガス削減の取り組みが進められています。社会全体でのカーボンニュートラルの実現には、あらゆる業界・業種をつなぐことができるデジタル技術の活用が不可欠です。
    あらゆるステークホルダーが集結し、デジタル技術を活用したカーボンニュートラルの新しい社会作り・市場創造を目指し、「グリーン×デジタルコンソーシアム(仮称)」を設立します。

    スピーカー
    • (一社)電子情報技術産業協会

  • 10:30 - 12:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    「家電産業の未来像 ~シャープグループ/三菱電機の新たなる挑戦~」

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 3

    JEITAでは家の中の家電や機器が、社会インフラや様々なサービスなどの「社会システムサービス」とつながることで、人々に安心・安全・快適を提供し、社会の最適化を実現する試みをスマートホームと定義し、市場創出に向けた取り組みを進めております。本セッションでは、スマートホーム実現のカギとなる家電データを活用し、新たな取り組みを始めているAIoTクラウド(シャープグループ)・電通/三菱電機の取り組み事例を取り上げ、スマートホーム市場の可能性について考察をしていきます。

    スピーカー
    • シャープグループ株式会社

      AIoTクラウド 取締役副社長兼プラットフォーム事業部 事業部長

      松本 融 氏

    • 株式会社電通

      データ・テクノロジーセンター プラットフォーマ―データ部長

      前川 駿 氏

    • 三菱電機株式会社

      リビング・デジタルメディア事業本部 IoT・ライフソリューション新事業推進センター 役員理事 センター長

      朝日 宣雄 氏

    • 北陸先端科学技術大学院大学 

      副学長 教授

      丹 康雄 氏

  • 11:00 - 11:45

    セミナー

    スケールフリーネットワークで起こすDX2.0とQX(Quantum Transformation)

    セミナー

    CHANNEL 4

    過去10年間、インターネット関連の企業が大きな株式・企業価値を上げてきました。この背後には、スケールフリーネットワークという構造が存在します。このインターネットによる革命をDX1.0とすると、今後、今まで繋がっていなかった物がネットワーク化する事によってDX2.0が起こり、やがては量子インターネットの世界が開けます。これらの重要な技術とコンセプトを、具体的な例を挙げながら説明します。

    スピーカー
    • 株式会社 東芝

      執行役上席常務 最高デジタル責任者

      島田 太郎 氏

  • 11:15 - 12:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    ブロックチェーンが切り拓く未来の世界とは

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 5

    金融だけでなく、すべての取引、すべての資産、そして企業や社会システムのあり方を変えてしまう可能性のある超破壊的な技術、ブロックチェーン。すでに始まっているブロックチェーンを活用した変革は、どのように今後の社会へと影響するのでしょうか。そして、ブロックチェーンが実現する「価値のインターネット」とは。本セッションでは、ブロックチェーンの仕組みや概念から将来のビジネスへの可能性まで、様々な側面を海外の最先端の事例をもとにご紹介します。

    スピーカー
    • リップル

      コーポレート戦略及びオペレーション担当バイスプレジデント

      吉川絵美 氏

  • 12:00 - 13:00

    カーボンニュートラル

    自動翻訳有り

    カーボンニュートラル時代における日本のIT・エレクトロニクス企業のあるべき姿~ JEITA技術戦略部会カンファレンス ~

    カーボンニュートラル

    CHANNEL 2

    カーボンニュートラルの潮流がもたらすゲームチェンジに対し、海外の先進事例も参考に、日本のIT・エレクトロニクス企業が勝ち残るための方策を探る。

    スピーカー
    • 株式会社みずほ銀行

      産業調査部 テレコム・メディア・テクノロジーチーム

      山口 意 氏

    • 株式会社みずほ銀行

      産業調査部 総括チーム

      小嶋 健太 氏

  • 12:00 - 13:00

    スタートアップ

    自動翻訳有り

    「スマート保育園・スマート幼稚園・スマートこども園」構想における保育施設のDX推進とその先の保育・教育について

    スタートアップ

    CHANNEL 3

    共働き世帯の増加や女性の就業率の上昇を背景に、保育施設は「社会インフラ」として重要な役割を担う一方で、保育現場は深刻な人手不足が社会課題です。ユニファは、AIやIoT等の最新のテクノロジーを活用し保育業務のDXを通じて、この社会課題の解決に挑んでいます。本講演では、「ルクミー」サービスを始め、「スマート保育園・幼稚園・こども園」構想およびその成果、今後の展望についてお話致します。

    スピーカー
    • ユニファ株式会社

      代表取締役CEO

      土岐泰之 氏

  • 12:30 - 13:00

    地域ビジョン

    北海道 | ニューノーマル

    食の一次産業における高度技術導入事例

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    我が国では労働人口減少が大きな問題となっている。特に労働集約型産業である「食の」一次産業では、2次産業、3次産業と比較し機械化、自働化、IT化など生産性向上への取り組み、機器の導入が遅れており、産業存続に不安視する声が上がっている。
    株式会社ニッコーは、食の一次産業向けの自動機、ロボット、生産ライン、IT化など課題解決に必要な技術を有しており、導入実績のある具体的な事例やサービスについてご紹介する。

    スピーカー
    • 株式会社ニッコー

      代表取締役

      佐藤 一雄 氏

  • 12:45 - 13:30

    カーボンニュートラル

    同時通訳有り

    カーボンニュートラル ~クルマと社会のイノベーションで切り拓く、豊かなモビリティ社会~

    カーボンニュートラル

    CHANNEL 1

    気候変動をはじめとするグローバルな環境問題に直面し、カーボンニュートラルの実現が強く望まれています。未来のモビリティ社会を、人々のより豊かな生活とサステナビリティが両立するものとするために、クルマの魅力をさらに高める革新的な技術開発から、カーボンニュートラルを実現するための社会づくりまで、イノベーションによるプロアクティブなアプローチと取り組みを紹介します。

    スピーカー
    • 日産自動車株式会社

      専務執行役員

      平井 俊弘 氏

  • 13:00 - 13:15

    地域ビジョン

    東北 | ニューノーマル

    AIを用いたニューノーマルな、自治体運営の効率化について

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    本セッションでは、AIを用いた効率的な自治体運営の実現に資する弊社のシステムを紹介します。
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により、生活様式の大きな変容が求められています。
     その中で、自治体と連携して開発した。「避難所運営」に特化したシステムと、「ワクチン接種運営」の支援に特化したシステムについて説明します。

    スピーカー
    • 株式会社フォルテ

      株式会社フォルテ・CEO

      葛西 純 氏

  • 13:00 - 14:00

    スーパーシティ/スマートシティ

    同時通訳有り

    コネクテッドソサエティ ‐ 個人からグループ、コミュニティ、そして世界へ

    スーパーシティ/スマートシティ

    CHANNEL 2

    スピーカー
    • ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)

      シニアバイスプレジデント兼AI担当最高技術責任者

      エン・リム・ゴー博士

  • 13:00 - 14:00

    モビリティ

    災害時の自動車を用いた情報通信システム(V-HUB:Vehicle HUB)の利活用に向けたガイドライン策定に向けて

    モビリティ

    CHANNEL 4

    大規模災害時に、自動車を活用した災害時情報の共有や避難誘導支援により、救急救命率の向上に寄与することが期待されている。コネクテッド・カー技術を災害時に利用した情報通信システム(V-HUB)は、2018年にAPT(アジア・太平洋電気通信共同体)勧告として制定された。このV-HUBの利活用について、CIAJとTTCが共同で利活用ガイドラインを策定している。本講演では、V-HUB検討の背景とユースケース、避難訓練のシナリオおよび自治体へのヒアリングの概要を紹介する。

    スピーカー
    • 一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会/コネクテッド・カー利活用推進委員会 委員長   一般社団法人情報通信技術委員会/コネクテッド・カー専門委員会 委員長

      沖電気工業株式会社/イノベーション推進センター 理事

      千村 保文 氏

  • 13:30 - 13:45

    地域ビジョン

    関東 | ニューノーマル

    富士市テレワーク推進ロードマップの取り組みについて

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    富士市では、急速に進化するデジタル技術を最大限活用し、暮らしの質や価値を高め、安心で豊かなまちづくりを推進するため、「富士市デジタル変革宣言」を行い、その主な取組として「テレワーク先進都市の実現」を掲げている。
    「富士市テレワーク推進ロードマップ」は、市内企業・ワーカーへの支援のほか、首都圏との関係構築も含めた多面的なアプローチを実施するための具体的な方策や工程を示した5年間の計画である。

    スピーカー
    • 富士市テレワーク推進ロードマップの取り組みについて

      富士市

      中村 圭介 氏

    • 富士市テレワーク推進ロードマップの取り組みについて

      富士市

      鈴木 克幸 氏

  • 13:30 - 14:15

    カーボンニュートラルの実現に向けたデンソーの環境戦略

    デンソーは、人々の幸せに貢献し、社会課題を解決するソリューションを提供するために“環境”と“安心”の戦略を立案した。特に、環境戦略では2035年までに生産活動におけるカーボンニュートラルの実現を目指す。本講演では、“ものづくり”、“モビリティ製品”、“エネルギー利用”の領域を中心とした環境戦略の活動について述べる。

    スピーカー
    • 株式会社デンソー

      経営役員、CTO

      加藤 良文 氏

  • 14:00 - 14:30

    地域ビジョン

    中部 | ニューノーマル

    吸音パネル「テクセルSAINT」によるリモートワーク環境改善商品「REMUTE」

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    テレワークの環境音を改善する吸音ブース「REMUTE」をご紹介します。
    リモートスペースの不足、職場環境音の不整備を解消致します。

    スピーカー
    • 岐阜プラスチック工業株式会社

      事業部長

      村上 哲哉 氏

  • 14:00 - 14:45

    セミナー

    デジタルツイン基盤「コモングラウンド」が実現する新しいまちづくり

    セミナー

    CHANNEL 4

    デジタルツインとは、現実世界の事象をサイバー空間に再現するテクノロジーだが、建設分野でも活用が広がっている。その専用データ基盤「コモングラウンド」が7月、大阪にOPENした。デジタル分野の第一線でご活躍の先生方をお迎えし、コモングラウンドの活用から広がる新しいまちづくりについて、関連事例も踏まえ展望します。

    スピーカー
    • 株式会社 竹中工務店

  • 14:00 - 15:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    自動翻訳有り

    HATSコンファレンス

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 3

    1988年から通信機器の相互接続検証を行っているHATSの現在の取り組みとIoT機器への拡大の検討状況を報告する。また連絡会活動の一例としてPBX機器について相互接続の歩みとともにPSTNマイグレーションに対応したPBXの紹介を行う

    スピーカー
    • HATSフォーラム

      相互接続実施推進部会長

      高呂 賢治 氏

    • HATSフォーラム

      PBXテレコムサーバ相互接続試験実施連絡会 副主査

      遠藤 勝範 氏

  • 14:15 - 15:00

    カーボンニュートラル

    同時通訳有り

    自動車業界におけるカーボンニュートラルの意義

    カーボンニュートラル

    CHANNEL 1

    近年、自動車排出ガスに対する規制が強まる中、ボッシュがどのようなCO2排出削減の取り組みを行い、社会に貢献しているかを実例を交えながら発表してまいります

    スピーカー
    • ボッシュ株式会社

      代表取締役社長

      クラウス・メーダー 氏

  • 14:15 - 15:15

    Society5.0/IoT/DX/SX

    同時通訳有り

    We Care More. 世界を変える、心づかいを。

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 2

    ポーラ創業100周年を迎える2029年ビジョン「私と社会の可能性を信じられる、つながりであふれる社会」の実現に向けた、新たなコミュニケーションワードは「We Care More. 世界を変える、心づかいを。」。
    “化粧品”という概念にとどまらず、人⇒社会⇒地球へと領域を拡張しながら、ポーラ独自のDXによる豊かな時間の創出を目指します。

    スピーカー
    • 株式会社 ポーラ

      代表取締役社長

      及川 美紀 氏

  • 14:30 - 14:45

    地域ビジョン

    近畿 | ニューノーマル

    人とひと、人とまちを繋ぐ Community Mobility

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    ニューノーマルによって働き方が変わり、私たちが暮らす場所や時間に変化をもたらしたことで、世の中の価値観が大きく変わり、さまざまな場面で行動変容が起きています。
    その中で増加した「自宅から2km圏内の暮らし」において、移動を快適にするだけではなく、健康的で自分らしく暮らせることを目指した、人とひと、人とまちが繋がりコミュニティが生まれる「Community Mobility」をコンセプトとした共有交通についてお話いたします。

    スピーカー
    • WILLER株式会社

      代表取締役

      村瀨茂高 氏

  • 15:00 - 15:30

    地域ビジョン

    中国 | ニューノーマル

    Ruby City MATSUEプロジェクトとワーキングヘルスケアプログラムMATSUE

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    松江市では、2006年から「Ruby City MATSUE プロジェクト」を産学官連携により立ち上げ、プログラミング言語「Ruby」を軸としたまちづくりに取り組み、IT人材の育成や企業誘致などを進めています。
     また近年では、雄大な自然あふれ、歴史情緒漂う文化の街で、信頼できるセキュリティ環境を備えたワークスペースを提供するとともに、ストレスチェックや地域のキーパーソンとの交流会など、他地域にはない「松江式ワーケーション」にも取り組んでいます。

    パネリスト
    • 島根県松江市

      産業経済部定住企業立地推進課

      土江 健二 氏

    スピーカー
    • エンフュース・フィナンシャル・サービス

      共同創業者・グループCEO

      モニカ・リイカマア 氏

    • ヌウカ・ソリューションズ

      代表取締役社長

      トゥオマス・ピッポラ 氏

    • アキュレイト

      セールス事業開発統括

      ミッコ・ポイクセルカ 氏

    • マース・グローバル

  • 15:00 - 15:45

    セミナー

    国際化時代におけるダイバーシティとDX ~外国人財活躍を実現するのための4つのTips~

    セミナー

    CHANNEL 4

    少子高齢化やグローバル化、働き方の多様化などの問題が叫ばれる昨今、企業には人々の多様性を活かしたダイバーシティ経営だけでなく、外国人労働者の取り込みやデジタルトランスフォーメーション、販路拡大を見据えた国際化戦略など、取り組むべき課題がたくさん存在しています。今回のセミナーでは、その中でも外国人従業員に関する課題にフィーチャーし、全体戦略、採用、定着、活躍の4つの課題に対し、事例を踏まえたご説明と対応策を解説いたします。

    スピーカー
    • Wovn Technologies株式会社

      Marketing Manager

      森山 真一 氏

  • 15:00 - 16:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    自動翻訳有り

    Webアクセシビリティセミナー1: 障害当事者のITの利用方法を知る

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 3

    障害のある方にとって、Webサイトやアプリなどをはじめとした情報通信サービスには、アクセスが困難であったり、快適に利用できなかったりするものが少なくありません。このセッションでは、障害当事者のデモンストレーションを交え、身近な情報通信サービスの課題について、当事者視点で語ってまいります。

    スピーカー
    • ウェブアクセシビリティ基盤委員会

      Cocktailz

      伊敷 政英 氏

    • ウェブアクセシビリティ基盤委員会

      NPO法人アイ・コラボレーション神戸

      板垣 宏明 氏

    • ウェブアクセシビリティ基盤委員会

      株式会社U'eyes Design

      諸熊 浩人 氏

  • 15:15 - 16:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    第17回 JEITAデザインフォーラム「未来の不確実性が高まる今、企業価値を高めるために必要なデザイン経営の姿とは!!」

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 2

    2018年に経済産業省・特許庁が公表した 『デザイン経営宣言』にもあるとおり、「デザイン」はブランディングやイノベーションを推進し、企業価値を高める重要な経営資源として注目を集めています。未来の不確実性が高まる今、「デザイン」を、企業活動の様々なレイヤーに組み込み、経営課題を解決することが、より一層企業の強みになっていくと考えられます。
    本セッションでは、「デザイン経営」を通じた企業のレジリエンス向上に資する取組事例を交えながら、デザインの果たす役割について、産官学それぞれの立場から紐解いていきます。

    モデレータ
    • 株式会社アクシス

      デザイン誌「AXIS」編集長

      上條 昌宏 氏

    パネリスト
    • 特許庁

      審査第二部 生活福祉部門 上席審査長 デザイン経営PTリーダー

      今村 亘 氏

    • 一橋大学大学院

      経営管理研究科教授

      鷲田 祐一 氏

    • 日本電気株式会社

      コーポレートデザイン本部 本部長

      勝沼 潤 氏

  • 15:30 - 15:45

    地域ビジョン

    四国 | ニューノーマル

    四国発~withコロナ時代の医療従事者と妊婦さんを守る遠隔妊婦モニタリング

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    瀬戸内海では、島に住む妊婦さんは通院に苦労してきた歴史があります。これらの状況を解決するため、モバイル型の胎児モニターを開発しました。それは日本のみならず医師不足に悩む開発途上国でも大きな役割を果たし、更にはwithコロナ時代に感染拡大を防ぐ、妊婦の遠隔胎児モニタリングとして求められるようになりました。

    スピーカー
    • メロディ・インターナショナル株式会社

      CEO

      尾形 優子 氏

  • 15:45 - 16:15

    カーボンニュートラル

    同時通訳有り

    華為のオールシナリオ・ソリューションーーカーボンニュートラル目標達成に寄与

    カーボンニュートラル

    CHANNEL 1

    カーボンニュートラル目標の達成は、人類の共通のミッションである。 広範にわたる経済・社会システムの変革となり、エネルギーの生産と消費に革命を起こし、各分野のグレードアップのきっかけとなる。
    この目標を実現するカギを握る低炭素化、電動化、デジタル化に対し、華為はクリーン発電、交通の電動化、グリーンICTインフラ、産業・建設の省エネ化にフォーカスし、基幹技術とクラウド技術を活かしながら、「給電、通信網、負荷、蓄電」を統合したスマートエネルギーを提供する。
    カーボンニュートラル向けオールシナリオ・ソリューション、エネルギー構造転換、 省エネ、排出削減を促進することで、各国の炭素ゼロ目標達成を支援。

    スピーカー
    • 華為技術日本株式会社

      デジタルパワー事業本部総合推進事業部 部長

      伊里奇 氏

  • 16:00 - 16:30

    地域ビジョン

    九州 | ニューノーマル

    ニューノーマルにおける中小企業のためのオンラインセールスサービス

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    当社は、ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金を活用し、中小企業のためのオンラインセールスを支援する仕組みを構築した。このニューノーマルの世においても、中小企業が新規顧客を獲得し売上アップするとともに、オンライン上の特長によりエリアに捉われず全国から顧客を獲得することができる。このサービスには、製品紹介のライブ配信、オンデマンド配信、AIチャットボット、オンライン商談予約システムなどが実装されている。

    スピーカー
    • 木村情報技術株式会社

      代表取締役

      木村 隆夫 氏

  • 16:00 - 17:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    同時通訳有り

    日EUの自由なデータ流通とデータ経済の未来

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 2

    IoT深化に伴い、データの社会的価値が高まり、B2G/B2B/B2C/各国間での適切なデータ管理/移転が、社会的イノベーションのために重要と認識されていますが、増大するデータの管理方法や所有権、データの生む価値の還元等についての議論は始まったばかりです。本セッションでは、EUと日本におけるデータ管理と移転に関する具体的な取組事例を紹介し、データ駆動型経済の未来について議論します。

    スピーカー
    • 在欧日系ビジネス協議会/電子情報技術産業協会

      欧州委員会通信ネットワーク・コンテンツ・技術総局G局長代理

      ヴォルマン・イーフォ 氏

  • 16:00 - 17:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    自動翻訳有り

    Webアクセシビリティセミナー2: なぜ企業はWebアクセシビリティに取り組むのか?

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 3

    ビジネスを支えるウェブサイトの品質として、ウェブアクセシビリティの重要性はますます高まっています。このセッションでは、具体的な民間企業のウェブアクセシビリティの取り組み事例をご紹介します。

    スピーカー
    • ウェブアクセシビリティ基盤委員会

      ウェブアクセシビリティ基盤委員会 委員

      未定

  • 16:30 - 16:45

    地域ビジョン

    沖縄 | ニューノーマル

    WorkとLifeが重なり合う。ワーケーションの可能性について。

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    リモートワークの定着によって、「仕事に対する考え方の変化」が生まれ、その先に「生き方の変化」も見られるようになって来ました。その表れとして、「ワーケーション」「地方移住」「デュアルライフ」「パラレルキャリア」といった、場所にとらわれない生き方が挙げられます。ポストコロナ時代において沖縄は、「休暇を過ごす場所」としてだけでなく、「自分らしく生きる場所」として選ばれるポテンシャルがあると考えます。WorkとLifeが重なり合うワーケーションを起点に、沖縄を可能性あふれる場所にしたい。そのために取り組んでいる内容を紹介します。

    スピーカー
    • 内閣府沖縄総合事務局

      経済産業部商務通商課 係長

      鈴木 圭三 氏

  • 16:30 - 17:15

    カーボンニュートラル

    同時通訳有り

    ICTでカーボン・ニュートラルをリードするフィンランド

    カーボンニュートラル

    CHANNEL 1

    様々な分野でのデジタル技術を活用したカーボン・ニュートラルに対するフィンランドの取り組みと先端企業による具体的なユースケースを紹介する。
    - Enfuce Financial Services Oy「気候変動に挑む購買活動の意識改革」
    - Nuuka Solutions Oy「AIを活用したネット・ゼロスマートビルディング」
    - Digitalization of Batteries (Tentative), Akkurate Oy「バッテリーのデジタル化(仮題)」
    - Maas Global Oy (調整中)「カーボン・ニュートラルに寄与するMaaS(仮題)」

    スピーカー
    • ビジネスフィンランド、及びフィンランドGreen x Digitalソリューション企業

      ビジネスフィンランド スマートモビリティ&バッテリー プログラム統括 

      イルッカ・ホマネン 氏

2021/10/20

  • 10:00 - 11:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    自動翻訳有り

    ALANコンソーシアム特別シンポジウム2021 『水中環境を拓くテクノロジー』

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 2

    2018年に発足したALANコンソーシアムでは、水中を次世代の新経済圏として捉え、光無線技術を中心としたテクノロジーにより水中環境を活用することで、新産業の創出・新しい世界の提案をすべく活動を続けています。本コンファレンスでは、ALANコンソーシアムが提案するソリューションの紹介を交え、水中環境の活用がもたらす可能性について考えます。

    モデレータ
    • 株式会社KDDI総合研究所

      ALANコンソーシアム運営委員

      飯生 信子 氏

    パネリスト
    • 株式会社トリマティス 代表取締役 CEO

      ALANコンソーシアム代表

      島田 雄史 氏

    • 山梨大学大学院医工農総合研究部工学域

      塙 雅典 氏

    • 東京工業大学 科学技術創成研究院

      宮本 智之 氏

    • 公立千歳科学技術大学 教授

      株式会社トリマティス 取締役

      吉本 直人 氏

    スピーカー
    • ALANコンソーシアム

    • 株式会社トリマティス 代表取締役 CEO

      ALANコンソーシアム代表

      島田 雄史 氏

    • 山梨大学大学院医工農総合研究部工学域

      塙 雅典 氏

    • 東京工業大学 科学技術創成研究院

      宮本 智之 氏

    • 公立千歳科学技術大学 教授

      株式会社トリマティス 取締役

      吉本 直人 氏

  • 10:00 - 11:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    自動翻訳有り

    健康長寿社会の形成を目指した健康情報等の利活用(仮)

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 3

    日本では2040年に100歳以上の人口が30万人を超えると予想されており、これまで以上の超高齢社会が訪れようとしています。この時代を乗り越えるためには、国民一人一人が自らの健康状態を把握しながら主体的に行動し、健康寿命の延伸を図る必要があります。こうした中で大きな期待が寄せられているのが、個人の生涯にわたる健康情報(Personal Health Record(PHR))であり、その利活用を通じ予防・健康づくりに取り組める環境整備が急務です。一方、蓄積された健康情報は、サービスのみならず、医療機器プログラム(Software as a Medical Device(SaMD))の入力として用いられる事も想定する必要があるため、データ自体の質の議論についても疎かにすることは出来ません。本セッションでは、PHRの持つ可能性とその利活用のために解決すべき課題を、情報やサービスの質に関する視点を交えながら、事業者が留意すべき事項等について、パネリストと共に考えます。

    スピーカー
    • 一般社団法人電子情報技術産業協会

      ヘルスケアインダストリ部会 ヘルスケアIT研究会 主査(オムロンヘルスケア株式会社)

      鹿妻 洋之 氏

  • 10:00 - 11:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    自動翻訳有り

    新しい万博の価値―サイバー万博の可能性― 具体的実施の方向性/デジタル・クリエイティブの及ぼす影響力

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 5

    博覧会協会が主催するEXPO PLL Talksというオンライントークイベントについて、今回はCEATECの場で実施します。7月に公表した「サイバー万博実施の方向性」に沿って、サイバー万博上での具体的な取り組みについて検討を深めます。
    今回は、デジタル技術を活用したクリエイティブ活動を日々実施されているゲストの方をお呼びして、一緒にサイバー万博について考えます。
    ■EXPO PLL Talks:
    https://www.expo2025.or.jp/overview/expo_pll_talks/

    スピーカー
    • 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会

      パノラマティクス 主宰 / PLLクリエイター

      齋藤精一 氏

    • 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会

      公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 企画部企画事業課参事

      羽端 大 氏

  • 10:00 - 12:30

    5G

    同時通訳有り

    5G利活用2021ワークショップ ー最前線の状況と今後の展望ー(仮)

    5G

    CHANNEL 1

    2020年3月に5Gの商用サービスが開始し、エリア展開・機能強化等が進められている中で、商用キャリア5Gによる利活用が全国で実施されてきており、その最前線の状況について、自治体や通信事業者、ベンダー企業の取組を紹介するとともに、有識者を交えて現状の課題や今後の展望について、パネルディスカッションを開催します。5G関係者、及び5Gの利活用を検討している企業や自治体等に対し、5Gの最新状況を共有し、今後の更なる普及・展開に向けた取組ついて議論します。

    モデレータ
    • 第5世代モバイル推進フォーラム

      ネットワーク委員会委員長(東京大学教授)

      中尾 彰宏 氏

    パネリスト
    • 第5世代モバイル推進フォーラム

      アプリケーション委員会委員長(株式会社インフォシティ代表取締役)

      岩波 剛太 氏

    • 株式会社NTTドコモ

      執行役員 法人ビジネス本部 5G・IoTビジネス部長

      坪谷 寿一 氏

    • 日本電気株式会社

      上席事業主幹

      藤本 幸一郎 氏

    • 前橋市

      未来創造部 参事(兼)交通政策課長

      細谷 精一 氏

    • 一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会

      5G/Beyond5Gシステム委員会委員長(株式会社東芝)

      大屋 靖男 氏

    スピーカー
    • 共催:一般社団法人電波産業会、第5世代モバイル推進フォーラム、一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会 後援:総務省

    • 第5世代モバイル推進フォーラム

      会長(京都大学名誉教授)

      吉田 進 氏

    • 一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会

      常務理事

      石井 義則 氏

    • 総務省

    • 株式会社NTTドコモ

      執行役員 法人ビジネス本部 5G・IoTビジネス部長

      坪谷 寿一 氏

    • 日本電気株式会社

      上席事業主幹

      藤本 幸一郎 氏

    • 前橋市

      未来創造部 参事(兼)交通政策課長

      細谷 精一 氏

    • 一般社団法人 電波産業会

      理事

      西岡 誠治 氏

  • 11:00 - 11:45

    Society5.0/IoT/DX/SX

    ニュースイッチ・ラボ②

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 5

    CEATEC 2021 ONLINEにおいて、日刊工業新聞社のオンラインメディア「ニュースイッチ」が主催するセミナーを今年も開催します。今、注目のキーワードをわかりやすくお届けします。

  • 11:00 - 11:45

    セミナー

    VENUE:地磁気による屋内測位が働き方を変える

    セミナー

    CHANNEL 4

    ・TDKの固有技術である磁性技術と加速度・角速度センサーを最大限に有効活用するPDR(歩行者自律航法)技術をベースに
     開発されたソフトウェアによる投資費用を大幅に抑える事が可能な屋内位置測位ソリューションです。
    ・あらゆる分野において、人や動力車の稼働状況を解析する事で、人員配置の適正化や設備・機器の必要台数削減に効果を
     発揮しています。
    ・何かを探すという無駄な時間を無くし、これからの働き方の改善に繋げる事が期待され、すでに複数社での採用実績
     があり、オフィスや建設現場などで導入されています。
    ・事前の地磁気データ測位において、自動測位技術を開発ししたことで更なる導入時間の短縮と精度の向上が期待できます。

    スピーカー
    • TDK株式会社

      ポジショニング&モニタリングシステムズ ジャパンリージョン統括

      中山 敬嗣 氏

  • 11:00 - 12:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    カーボンニュートラルな社会を支えるテープストレージソリューション

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 2

    情報・データの利活用、デジタル化が急速に進展する中、世界的にカーボンニュートラルへの意識が高まっています。日本国内においては大型データセンターの建設が進められていますが、データセンターの消費電力が増大し続けると、将来、日本全体の10%以上の電力をデータセンターが消費することになると言われています。そのような中で、私たちは省エネをより意識してデジタル化を進めていかなくてはなりません。
    本セッションでは、今後のカーボンニュートラルな社会を支えるテープストレージの技術動向や適用事例を解説いたします。

    スピーカー
    • JEITAテープストレージ専門委員会 / 日本アイ・ビー・エム株式会社

      委員 / 東京ソフトウェア&システム開発研究所・システムズ開発 部長

      香取 勝喜 氏

  • 11:00 - 12:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    自動翻訳有り

    「ITトレンド調査 ~ クラウド/ビッグデータ/IoT/AI利用動向 ~」/「ITプラットフォーム事業委員会の紹介/発表概要」/「ITユーザトレンド調査」

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 3

    JEITA/ITプラットフォーム事業委員会では、IT活用のトレンドを捉えるためにユーザの利用動向調査を毎年実施しております。
    このセッションでは本動向調査やサーバ出荷統計の結果に基づき、IT投資予算やIT化テーマの動向、サーバの性能向上と仮想化の進展による社会への貢献の状況、また、クラウドとオンプレミスの使い分け動向やIoT/ビッグデータ/AIに向けたシステムの将来需要に対する期待値などについて報告致します。

    スピーカー
    • ITプラットフォーム事業委員会委員長

      三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社

      石井 昌宏 氏

    • プラットフォーム市場専門委員会委員長

      富士通株式会社

      福田 慶郎 氏

    • プラットフォーム企画専門委員会委員長

      株式会社日立製作所

      飯田 靖 氏

  • 12:00 - 13:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    自動翻訳有り

    DX時代のITサービス品質に関する検討

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 3

    DX時代のITサービスビジネスの成功の鍵は「新たな価値創造による新規サービスの開発」に取り組むお客様の意見・行動を的確に把握し、お客様観点で思考することである。お客様視点を ITサービスの開発と運用プロセスに取り込むために検討した、お客様とITサービスベンダとの間で共有できる「ITサービス品質フレームワーク」、そして、ITサービスの開発と運用の各フェーズで活用できる「IT サービス品質評価観点リスト」を紹介する。

    スピーカー
    • 電子情報技術産業協会

      ITサービスビジネス環境整備専門委員会 委員長 沖電気工業(株)ソリューションシステム事業本部 IoTプラットフォーム事業部 EXaaSサービス部 部長

      河原 正博 氏

  • 12:30 - 12:45

    地域ビジョン

    関東 | DX

    中小製造業のDX成功事例『人材不足の特効薬』

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    本セッションでは、中小製造業DX成功事例をご紹介します。中小製造業
    では、DXに強い関心を持つ反面、費用対効果が不明で、DXに踏み切れな
    い企業が多く存在します。中小製造業には多くの経営課題がありますが
    『人手不足』は将来の経営を左右する重要課題です。RPAやAI活用による
    DXの実践により、人材不足を克服した成功事例をご紹介しながら、『人
    材不足の特効薬』をテーマに、中小製造業におけるDX成功のポイントを
    ご案内します。

    スピーカー
    • 株式会社 アルファTKG

      代表取締役社長

      高木 俊郎 氏

  • 12:30 - 13:30

    5G

    同時通訳有り

    ローカル5Gの利活用に向けた取り組み事例紹介(仮題)

    5G

    CHANNEL 1

    5G利活用型社会デザイン推進コンソーシアム(5G-SDC)は、ビジネスやユーザーの視点を重視した活動を推進することが特長で、DXの実現に向けて、先ずはビジネス環境が整いつつある5G/ローカル5Gに着目し、ユースケースの社会浸透、ビジネス領域の拡大、研究開発の促進などを通じて、業界や業種を超えた共創を推進します。ここでは、ローカル5Gの利活用に向けた取り組み事例を紹介します。

    スピーカー
    • 5G利活用型社会デザイン推進コンソーシアム(5G-SDC)

  • 13:00 - 13:15

    地域ビジョン

    中部 | DX

    IoT で実現した製造現場のDX(仮)

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    自動車部品製造の旭鉄工(株)において製造現場はもちろん、経理、営業でもIoT
    データを活用する体制を構築し労務費だけで年4 億円節減を実現。そのノウハウを
    生かして立ち上げたi Smart Technologies(株)では、他社へIoT 改善支援を行
    っており、デジタルによる働き方の変容といったDX 事例も紹介する。

    スピーカー
    • i Smart Technologies 株式会社

      代表取締役社⾧CEO

      木村 哲也 氏

  • 13:00 - 14:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    自動翻訳有り

    コロナ禍で迫られるビジネス変革にDXで立ち向かえ!

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 3

    コロナ禍において、私たちの生活は大きく変わりました。コロナが収束しても、私たちの生活が完全にコロナ以前に戻ることはないでしょう。今後、社会の変化を前提として、企業のビジネスモデルも変革を迫られています。当委員会では、従前から、「安全・安心、快適・便利な社会の創生」のためのIT活用について議論してきました。本講演では、コロナによる社会変化と、DXによる新たな価値の創出をどのように進めるべきかについて考察します。

    スピーカー
    • (一社)電子情報技術産業協会

      ソフトウェア事業委員会 ソフトウェア事業戦略専門委員会 委員長

      白井 克昌 氏

  • 13:30 - 13:45

    地域ビジョン

    近畿 | DX

    創業112年の圧力計専業メーカーの挑戦 自称”老舗ベンチャー企業”が提唱する”レトロフィットIoT”

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    古い機械を修理・改造し、新たな機能や価値を付加して、新しい最新の機器とすることを意味する「レトロフィット」という産業用語がある。DXにもこの概念を取り入れて、発明から170年間ずっと基本構造が変わらない機械式圧力計に、後付けでIoT化する製品を創業112年の老舗圧力計メーカーが開発した。小規模事業者ながら、産官学連携などによりイノベーティブな製品を開発してきたその背景を老舗ベンチャーと自称する経営者が自ら語る。

    スピーカー
    • 株式会社木幡計器製作所

      代表取締役

      木幡 巌 氏

  • 14:00 - 14:30

    地域ビジョン

    中国 | DX

    地方連携 ユアサシステム機器

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    地場企業を中心に産業機械の製造・販売を行っていた当社が、リーマンショックを機に、汎用性の高い耐久試験システムの開発に事業を拡大し、世界に向けてビジネス展開を開始した。しかし現在、COVID19の影響が、事業の展開に大きな障壁として立ちはだかっている。この現状を打破すべく、アナログの機械的耐久システムからデジタル化システムへの変換を始めた。

    スピーカー
    • ユアサシステム機器株式会社

      R&D技術部 R&D技術課 課長

      佐々木 寿朗 氏

  • 14:00 - 15:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    自動翻訳有り

    「業界地図」から読み解く、電機・IT・テック業界の最新事情

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 2

    累計200万部突破の業界本のバイブル「会社四季報 業界地図」。その最新版を用いて、電機・IT・テック業界を取り巻く現状と、注目企業や注目技術の動向、アフターコロナの見取り図を解説する

    スピーカー
    • 東洋経済新報社

      「会社四季報 業界地図」編集長

      西澤 佑介 氏

  • 14:00 - 15:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    自動翻訳有り

    DX時代の組込み系ソフトウェア開発 ~日本の強みの生かし方~

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 3

    組込みシステム開発においても、DXへの対応が急務となり、従来の開発スタイルからの脱却が企業価値を左右する時代となった。当委員会では、ワークショップ、地域連携セミナーなどにより、広く業界の意見交換とアンケートや事例分析により、DXシステム開発の現状と課題を分析した。一昨年公開した「JEITA IoT参照モデル」を活用した解説や、従来日本の強みとなっていた擦り合わせ開発の是非にも言及し、DX時代の組込みシステム開発の在り方について委員会報告として提言する。

    スピーカー
    • (一社)電子情報技術産業協会

      ソフトウェア事業委員会 ソフトウェア事業基盤専門委員会 委員長/株式会社東芝

      金子 博 氏

  • 14:30 - 15:00

    地域ビジョン

    四国 | DX

    船舶のデジタル化に向けて -(MaSSA-Oneの紹介)

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    MaSSA-One - 次世代船舶支援ソリューション - 機関、荷役、航海など船内のあらゆるデータを収集・蓄積し、陸上環境とデータ共有や運航支援アプリケーションの提供など、データ活用による船舶運航業務全般のデジタル化が可能となります。「決して止まらない船」の実現を目指して。

    スピーカー
    • BEMAC株式会社

      特命MPデジタル推進室長

      寺田 秀行 氏

  • 15:00 - 15:15

    地域ビジョン

    九州 | DX

    測量に革命を〜スマホやタブレットでスキャンするだけで、誰でも簡単、高精度3次元測量〜

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    「OPTiM Geo Scan」は、LiDARセンサーと高精度位置情報を組み合わせることで、高精度な測量を手軽に行える測量アプリです。測量現場を歩き回るだけで、測量が可能なため、手軽にひとりで測量が可能。測量対象物をスキャンするだけで3次元データの取得が可能。測量業務時間の短縮や3次元データ化処理が不要で、測量業務の短縮が可能。専門技術を必要とせず、誰でもICT土工基準を満たした高い精度で測量が可能。

    スピーカー
    • 株式会社オプティム

      ゼネラルマネージャー

      坂田 泰章 氏

  • 15:00 - 16:00

    若年層向けプログラミング教育とアルゴロジック活用

    CHANNEL 2

    2020年に小学校でプログラミング教育が必修化となり、若年層向けプログラミング教育の重要性は増している。これを進めていくためのヒントとして、感染防止対策環境下での小学校でのニューノーマルスタイルの教育と課題、若年層向けプログラミング教育の事例、小学校から高等学校までの接続性に関する先進事例について紹介し、今後の在り方を考える。またアルゴロジック指導方法についても紹介する。

    スピーカー
    • 一般社団法人 電子情報技術産業協会

      IT人材育成WG 副主査

      小林 康宏 氏

  • 15:00 - 16:00

    カーボンニュートラル

    国際標準のエネルギーマネジメントがもたらす効果

    カーボンニュートラル

    CHANNEL 3

    一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)エネルギーマネジメント標準化専門委員会では,日本の省エネ技術(製品や管理手法)が海外に普及することで,グローバルにも貢献することを目指した活動に取り組んでおります。
    本講演では,委員会活動の概要,ISO50001シリーズの国内普及活動,当委員会が中心となって提案しているEnMSマネジメント進捗度評価に関する国際規格の概要と審議状況について,分かり易くご紹介致します。

    スピーカー
    • 一般社団法人 電子情報技術産業協会 富士電機 

      エネルギーマネジメント標準化専門委員会

      松井 哲郎 氏

  • 15:00 - 17:30

    5G

    同時通訳有り

    5G高度化に向けた最新動向2021国際ワークショップ ー各国の商用化への取組と課題ー(仮)

    5G

    CHANNEL 1

    5Gの商用サービスでは今後更なる高度化に向けて、「高速・大容量」、「高信頼・低遅延」、「多数接続」の各機能の拡張が行われていく予定です。その高度化について、各国や地域における導入の最新状況を紹介するとともに、今後の取組についてパネルディスカッションを開催します。各界第一人者及び海外からの有識者を迎えて、最新の情報や、導入に向けた課題などを共有するとともに、5Gの高度化における取組と今後期待されるサービスなどについて議論します。

    スピーカー
    • 主催:総務省 共催:第5世代モバイル推進フォーラム、一般社団法人電波産業会

  • 15:30 - 16:00

    地域ビジョン

    沖縄 | DX

    DX テストベットアイランド おきなわ ~ ResorTech EXPO のご紹介

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    DX テストベットアイランドとして、沖縄県全産業で進めているResorTech Okinawa
    の活動成果報告の場として、また同時に国内外のIT 事業者と様々な産業の事業
    者とのビジネスマッチングの場として、年に1 度、複合型見本市(展示、商談、セミナ
    ー)をオンライン・オフラインにて開催しているResorTech EXPO をご紹介します。

    スピーカー
    • 一般財団法人 沖縄IT イノベーション戦略センター

      理事⾧

      稲垣 純一 氏

  • 16:00 - 16:15

    地域ビジョン

    北海道 | DX

    AI介護見守りシステム「smartNexus®Care」

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    介護業界の人手不足に伴い、介護記録の義務化、24時間見守りなどスタッフによる目視では十分な対応が難しくなって来ている。カメラの有効性は認識されていたものの、プライバシーの観点やコストが高額となることから導入が進んでいなかったカメラからAI姿勢推定を使用し骨格座標をレコーディングしたプライバシーに配慮した介護記録システムであり、介護現場で課題となっていた介護記録の作成、見守り(24時間監視)を実現。同時にアジア展開を推進している。

    スピーカー
    • 株式会社サンクレエ

      代表取締役

      森 正人 氏

  • 16:00 - 17:00

    カーボンニュートラル

    SDGsに貢献する省エネ連携制御(仮題)

    カーボンニュートラル

    CHANNEL 3

    スピーカー
    • 一般社団法人 電子情報技術産業協会

      制御・エネルギー管理専門委員会/WG1連携制御 主査

      鎌田 健一 氏(仮)

  • 16:30 - 16:45

    地域ビジョン

    東北 | DX

    次世代により良い未来を繋ぐために我々が出来ること 一般社団法人DX NEXT TOHOKUが目指す未来

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    世界の先進国・日本の中でも地域課題の最先端地域と言われる東北。言わば世界の地域課題最先端の地と言っても過言ではないこの地域において、未来を変えるツールとして登場した「DX」というトレンドを如何に活用するか。DX推進の強みを持つメンバーが集まり、次世代により良い未来を繋ぐために出来ることとは何かについて考え、そして行動する。真剣に未来を考える大人の集まりを作りたい。そのような主意でこの団体は設立されました。当日は、そんな当団体の思いと、どんな未来になるのか、それを具体的にどう変えていきたいのか、何を実現していきたいのかについてお話ししたいと思います。

    スピーカー
    • 一般社団法人DX NEXT TOHOKU

      理事・事務局長

      淡路 義和 氏

2021/10/21

  • 10:00 - 11:30

    モビリティ

    同時通訳有り

    次世代空モビリティシンポジウム

    モビリティ

    CHANNEL 1

  • 10:00 - 12:30

    5G

    同時通訳有り

    ローカル5G普及推進ワークショップ2021(仮)

    5G

    CHANNEL 2

    地域における課題解決を目的として自営用途として導入されたローカル5Gの更なる普及推進のため、関係省庁・関係団体も参加し発足した「ローカル5G普及推進官民連絡会」の主催により、L5G導入に向けた支援施策、農業・工場利用等での導入事例を紹介するとともに、今後の展望についてパネルディスカッションを開催します。各省庁の関係団体に対し、ローカル5G導入の具体事例や、導入に向けた課題などを共有し、ローカル5Gの今後の普及・展開の取組について議論します。

    スピーカー
    • 主催:ローカル5G普及推進官民連絡会

  • 11:30 - 12:15

    モビリティ

    同時通訳有り

    日本におけるMobility-as-a-Serviceに関する様々な取り組み-現状と将来の課題-

    モビリティ

    CHANNEL 1

    日本だけでなく、世界において交通問題は常に深刻であり、移動における様々な問題解決が提案、実施されてきている。自動運転サービスや新しい移動サービスを含んだ移動サービスにおいて、日本の取り組みなどについて紹介する。また、移動に関する、日本特有の課題や社会課題など、現状の課題や将来の課題についてこれまで体験したことを元に解説を行う。

    スピーカー
    • 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 ヒューマンモビリティ研究センター

      モビリティサービス研究チーム 研究チーム長

      橋本尚久,Ph.D.

    • BOLDLY(株)

      市場創生部

      長橋 愛

  • 12:30 - 13:00

    地域ビジョン

    近畿 | 地域推進

    大阪・関西万博がめざすもの

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    2025年に開催される日本国際博覧会についてお伝えします。
    その中で、今回の万博がめざす姿、企業や団体の皆様との連携を進める事業や参加方法のご説明をいたします。

    スピーカー
    • 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会

      経営企画室 審議役

      森 栄子 氏

  • 12:30 - 13:30

    5G

    自動翻訳有り

    ローカル5Gの利活用に向けた取り組み事例紹介(仮題)

    5G

    CHANNEL 2

    5G利活用型社会デザイン推進コンソーシアム(5G-SDC)は、ビジネスやユーザーの視点を重視した活動を推進することが特長で、DXの実現に向けて、先ずはビジネス環境が整いつつある5G/ローカル5Gに着目し、ユースケースの社会浸透、ビジネス領域の拡大、研究開発の促進などを通じて、業界や業種を超えた共創を推進します。ここでは、ローカル5Gの利活用に向けた取り組み事例を紹介します。

    スピーカー
    • 5G利活用型社会デザイン推進コンソーシアム(5G-SDC)

  • 13:00 - 13:30

    地域ビジョン

    中国 | 地域推進

    広島県におけるDXの取組

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    広島県は,自然と都市が近接し,気候や産業も多様性に富み,100万都市から過疎地域まで様々な地域を抱えるなど,「日本の縮図」と言われている。
    日本が抱える課題もコンパクトに収まっている地域といえる広島県から,様々なDXの事例をご紹介致します。

    スピーカー
    • 広島県

      副知事

      山田 仁 氏

  • 13:00 - 13:45

    モビリティ

    同時通訳有り

    Dolby Atmos Musicによる車内エンターテインメントの変革

    モビリティ

    CHANNEL 1

    コネクティッドカー、自動運転、ストリーミングサービスの普及など自動車業界の新たなトレンドにより自動車内はエンターテインメント空間へ変化しています。
    Dolbyは音楽レーベル、アーティスト、クリエーター、ストリーミングサービサー、開発パートナーまた自動車メーカーやカーオーディオメーカーとの協力関係によりにより充実したエコシステムを構築し、Dolby Atmos Musicにより比類なき車内エンターテインメント体験を提供します。

    スピーカー
    • ドルビーラボラトリーズ

      Dolby Japan代表取締役社長

      大沢 幸弘 氏

    • ドルビーラボラトリーズ

      ドルビーラボラトリーズ コマーシャルパートナーシップ担当シニアバイスプレジデント

      ジョン・クーリング 氏

  • 13:30 - 14:00

    地域ビジョン

    四国 | 地域推進

    MAiZMの取り組み~AI人材育成からはじめる地域活性化~

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    AI(人工知能)技術の社会実装と地域課題の解決を図るため、香川県三豊市では「一般社団法人みとよAI社会推進機構」を2019年4月に設立しました。東京大学松尾研究室の協力を得て、学生や社会人向けにディープラーニング講座を開催しAI人材の育成に注力するとともに、人工知能に関する技術相談も行っています。ディープラーニング講座の受講者から2名の学生起業者が誕生しました。
    また、AI人材の裾野を広げるために、近隣自治体の教育委員会と連携して小中学生向けのプログラミング教室も開催しています。

    スピーカー
    • 一般社団法人みとよAI社会推進機構

      会長

      山下 昭史 氏

    • 一般社団法人みとよAI社会推進機構

      理事

      松尾 豊 氏

  • 13:45 - 14:30

    モビリティ

    同時通訳有り

    The mindset and toolset of online vehicle sales, for the automotive brands of today and tomorrow.

    モビリティ

    CHANNEL 1

    オンラインによる自動車販売という世界で、自動車ブランドとそのパートナーは、購入の過程において顧客に対してどのように情報を案内しサポートし安心して購入できるよう関与できるのでしょうか。
    このプレゼンテーションでは、オンライン販売への移行が自動車ブランドにもたらす課題と機会、およびそれらを活用するために必要なツールについて説明します。

    スピーカー
    • ZeroLight Limited

      CEO

      Darren Jobling 氏

  • 14:00 - 14:30

    地域ビジョン

    九州 | 地域推進

    My-IoTプロジェクト:IoT版エコシステムを構築しよう!

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    内閣府SIP一環として進めているMy-IoTプロジェクトの内容を紹介する。 IoTシステム提供者とエンドユーザー間にある「IoTギャップ」を解決し、ビジネス視点でIoTの新しい価値を生むMy-IoTのエコシステム。IoTシステム提供者が提供する既存のエッジを高度化し、エンドユーザー・利用者の使い方に最適化されたIoTの構築を目指す。本公演では、My-IoTエコシステムの構築を目指した「My-IoTコンソーシアム」の活動を紹介する。

    スピーカー
    • My-IoT コンソーシアム

      My-IoTコンソーシアム代表幹事(九州大学システムLSI研究センター・センター長/大学院システム情報科学研究院・教授)

      井上弘士 氏

  • 14:00 - 15:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    加速するDX時代、プライバシーに配慮したイノベーションを進めていくためには

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 4

    2021年7月、経済産業省・総務省は「DX時代における企業のプライバシーガバナンスガイドブックver1.1」を公表しました。社会全体のDXが進む中で、プライバシー保護への要請が高まっています。企業がプライバシー問題に能動的に取り組み、社会からの信頼を獲得することは、企業価値の向上につながります。セミナーでは、ガイドブックの概要をご説明するとともに、ガイドブックを策定した検討会委員によるパネルディスカッションを実施し、プライバシーに配慮したイノベーション促進のポイントを解説します。

    パネリスト
    • 国立情報学研究所・情報社会相関研究系・教授、博士(工学)

      佐藤 一郎 氏

    • 株式会社企 代表取締役

      クロサカ タツヤ 氏

    • LocationMind 株式会社 取締役 株式会社パロンゴ 取締役兼 CTO

      林 達也 氏

    • 公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会/サステナビリティ消費者会議 代表

      古谷 由紀子 氏

    スピーカー
    • 【開会挨拶】経済産業省

      商務情報政策局 情報経済課 課長

      須賀 千鶴 氏

    • 個人情報保護委員会事務局

      参事官

      赤阪 晋介 氏

    • 【ガイドブック紹介】経済産業省

      商務情報政策局 情報経済課 課長補佐

      小松原 康弘 氏

    • 【閉会挨拶】総務省 総合通信基盤局 電気通信事業部 消費者行政第二課 課長

      小川 久仁子 氏

  • 14:30 - 15:00

    地域ビジョン

    沖縄 | 地域推進

    AoiA仮想化データセンターサービス

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    沖縄県内の異なる事業者のデータセンターの物理ラックを、Web上から遠隔でコントロールできるリモートラック機能を活用することで、異なるデータセンターのラックをクラウドの様に一つのWeb画面から全てコントロールできる国内発の仮想化データセンターサービス。

    スピーカー
    • アジア沖縄iDC協議会

      沖縄クロス・ヘッド株式会社 代表取締役社長

      渡嘉敷 唯昭 氏

  • 14:30 - 15:15

    モビリティ

    同時通訳有り

    Our collaboration journey with Japanese companies for bringing autonomous driving solutions to the market.

    モビリティ

    CHANNEL 1

    Sensible 4は、フィンランドにある自動運転のソフトウェア会社です。
    日本市場と地理的な距離は離れていますが、日本の自動車や他産業の大手企業との相互理解を確立しています。このプレゼンテーションでは、私たちの将来のモビリティに関する共通のビジョンと、それを共に実現するための具体的なステップについてお話します。

    スピーカー
    • Sensible 4

      CEO

      Harri Santamala

  • 15:00 - 15:30

    地域ビジョン

    北海道 | 地域推進

    地域内物流における無人自動配送ロボット活用~石狩市におけるロボットシェアリングサービスの実証~

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    京セラコミュニケーションシステムでは、無人自動配送ロボットによる小売り商品や宅配便貨物などを配送するロボットシェアリング型配送サービスの実証実験を北海道石狩市石狩湾新港地域の公道(車道)において8月から実施しております。本セッションでは、実証実験で得られた知見や自動配送ロボットの走行動画などをご紹介します。

    スピーカー
    • 京セラコミュニケーションシステム株式会社

      経営企画部 副事業部長

      吉田 洋 氏

  • 15:00 - 16:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    ポストコロナ時代を生き抜く情報技術 ~情報処理学会が提供するセミナーと高度IT人材資格CITP~

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 4

    本講演では、情報処理学会が産業界向けに行っている活動の中からセミナーと、高度IT人材資格CITP(Certified IT Professional)について紹介する。前半は連続セミナー2021で提供しているニューノーマル時代に価値を提供していくための礎となる技術セミナーの内容をダイジェストでご紹介する。後半では、CITP制度の概略とDXに向けた最近の動きについて紹介する。

    スピーカー
    • 一般社団法人情報処理学会

      日本マイクロソフト株式会社 コンサルティングサービス事業本部 ソリューションアーキテクチャ本部長

      鎌田 真由美 氏

    • 一般社団法人情報処理学会

       (一社)情報処理学会 資格制度運営委員会 副委員長

      吉野 松樹 氏

  • 15:00 - 17:30

    5G

    同時通訳有り

    3GPPサミット~3GPP標準化の最前線-5G高度化からBeyond 5Gに向けてー

    5G

    CHANNEL 2

    日本では2020年3月に5G全国商用サービスが開始され、新たに導入された自営用途のローカル5G免許制度の利用も進んでおり、今後5Gサービスの本格的な普及期に入ります。一方、3GPP標準化では更なる性能向上、利用領域拡大を目指して5G高度化の仕様策定が進められており、その延長線上には次世代システムとなるBeyond 5G/6Gの議論も視野に入りつつあります。
    本セッションでは、3GPPで活躍する国内外のリーダから最新の標準化動向について報告頂くと共に、Beyond 5G/6Gに向けた今後の展望についてパネルディスカッションを行います。

    モデレータ
    • 株式会社NTTドコモ

      6G-IOWN推進部 担当部長(3GPP TSG-SA副議長)

      永田 聡 氏

    パネリスト
    • 3GPP

      TSG-RAN議長(Qualcomm)

      Wanshi CHEN

    • 3GPP

      TSG-CT議長(Orange)

      Lionel MORAND

    • KDDI株式会社

      技術企画本部 技術戦略部 マネージャー

      武田 洋樹 氏

    • 株式会社NTTドコモ

      ネットワーク開発部 主査 (3GPP CT WG4 副議長)

      石川 寛 氏

    • Beyond 5G推進コンソーシアム

      白書分科会 技術作業班リーダー(富士通株式会社)

      中村 隆治 氏

    スピーカー
    • 主催:総務省 共催:一般社団法人電波産業会、一般社団法人情報通信技術委員会

    • 総務省

    • 3GPP

      TSG-RAN議長(Qualcomm)

      Wanshi CHEN

    • KDDI株式会社

      技術企画本部 技術戦略部 マネージャー

      武田 洋樹 氏

    • 3GPP

      TSG-SA議長(Huawai)

      Georg MAYER

    • 株式会社NTTドコモ

      6G-IOWN推進部 担当部長(3GPP TSG-SA副議長)

      永田 聡 氏

    • 3GPP

      TSG-CT議長(Orange)

      Lionel MORAND

    • 株式会社NTTドコモ

      ネットワーク開発部 主査 (3GPP CT WG4 副議長)

      石川 寛 氏

    • Beyond 5G推進コンソーシアム

      白書分科会 技術作業班リーダー(富士通株式会社)

      中村 隆治 氏

    • 一般社団法人 電波産業会

      理事

      西岡 誠治 氏

  • 15:30 - 15:45

    地域ビジョン

    東北 | 地域推進

    スピントロニクス技術による省電力プロセッサとメモリ

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    近年、喫緊に求められている省エネ化に対し、革新的集積エレクトロニクスシステムの実現が求められており、その最有力革新的コア技術である、スピン注入型磁気ランダム・アクセス・メモリ(STT-MRAM)技術とそのプロセッサ応用技術について紹介し、当該技術の優位性、今後の市場動向についての紹介を行う。また、世界最先端のスピントロニクス技術を保有する東北大学のベンチャーである当社の紹介、事業戦略、ビジネスモデル及び当社の強みの紹介を行う。

    スピーカー
    • パワースピン株式会社

      取締役CTO

      遠藤 哲郎 氏

  • 15:45 - 16:00

    地域ビジョン

    東北 | 地域推進

    生体群制御のご紹介

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    当社が開発した「生体群制御®」による魚群誘導について、最新の開発状況と今後の展望を紹介する。

    スピーカー
    • 炎重工株式会社

      代表取締役

      古澤 洋将 氏

  • 16:00 - 16:30

    地域ビジョン

    関東 | 地域推進

    地方創生事業に関する包括連携協定/鹿嶋市×メルカリ×鹿島アントラーズFC

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    令和2年2月18日,鹿嶋市は(株)メルカリ,(株)鹿島アントラーズFCとの間で「鹿嶋市における地方創生事業に関する包括連携協定」を締結し,Smart City,DXを含む「まちづくり」を一緒にやってきています。地方創生の一例として紹介するとともに,今後,この取組みを継続・発展させるための考え方をまとめています。

    スピーカー
    • 鹿嶋市 ・ 株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー

      鹿嶋市 政策秘書課長

      飯塚 和宏 氏

    • 鹿嶋市 ・ 株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー

      株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー 経営戦略チーム

      金子 有輔 氏

  • 16:00 - 16:45

    セミナー

    『サブスクリプション』がサスティナブルでスマートな社会に必要な理由〜技術連携だけではダメ。ビジネス連携こそがスマートな社会実現の鍵〜

    セミナー

    CHANNEL 4

    トヨタのKINTO様など日本を代表する企業にサブスクリプションプラットフォームを提供しています。 月額や定額課金といった〈課金体系〉の議論に留まることなく、顧客とのデジタルを活用したビジネスモデルの再構築がポイントです。 『サブスクリプション』は、「サスティナブル社会」や「スマートシティ」、「再エネ新モデル」など、その本質を知るとビジネスの広がり、重要性に気づくことができます。 自称「日本で一番サブスクリプションを知る男」が解説します。

    スピーカー
    • ビープラッツ株式会社

      代表取締役社長

      藤田 健治 氏

  • 16:00 - 17:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    同時通訳有り

    日EU政策対話~AI規制枠組および国際AI標準形成

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 2

    AI導入が進み、生活のあらゆる面で利便性が向上する一方、AIの安全性やプライバシー、透明性など、AIへの懸念も高まっています。日欧米は人間中心AIの価値観を共有するものの、AIパフォーマンスの向上を維持しながら、どうAIを規制するかについては考えが異なります。本セッションでは、AI標準策定の動きも踏まえつつ、AIの性能向上と規制の適切なバランスに向けた日欧米の協力について議論します。

    スピーカー
    • 在欧日系ビジネス協議会/電子情報技術産業協会

      欧州委員会通信ネットワーク・コンテンツ・技術総局AIアドバイザー

      ヘイキラ・ユハ 氏

  • 16:30 - 17:00

    地域ビジョン

    中部 | 地域推進

    企業と個人の行動を最適化する郵送検査サービス

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    名古屋大学発ベンチャーとして、生活習慣や健康行動を可視化する約20商品の郵送検査サービスを開発し、過去40万人に検査を行ってきた。
    検査数値に基づいて行動変容を促すというアプローチは、これまで直感・体感に頼らざるを得なかった消費者の行動パターンを大きく変えるとともに、ヘルスケア製品のマーケティング・販売戦略のDXに貢献できると考えている。
    これまでの取り組み事例と今後のビジョンを紹介する。

    スピーカー
    • 株式会社ヘルスケアシステムズ

      代表取締役

      瀧本陽介 氏

  • 16:45 - 17:30

    モビリティ

    カーボンニュートラル時代のモビリティ戦略~MaaSが都市を変える~

    モビリティ

    CHANNEL 1

    2050年のカーボンニュートラル実現に向けて、世界では次世代のモビリティビジョンが次々に発表されている。また、コロナ禍で新しいモビリティサービスが急加速するとともに、移動や都市の価値が大きく変わろうとしている。本講演では、カーボンニュートラル時代のモビリティ戦略の現状と展望を紹介するとともに、モビリティ革命が全産業にインパクトを与えていくBeyond MaaSの世界観、スマートシティの動向についてお話します。

    スピーカー
    • 一般財団法人計量計画研究所

      理事 兼 研究本部企画戦略部長

      牧村 和彦 氏

2021/10/22

  • 10:00 - 10:30

    地域ビジョン

    四国 | スーパーシティ

    高松市スーパーシティ構想について

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    高松市は時間や場所の制約から解放される「フリーアドレスシティたかまつ」をテーマに、離島・防災・交通など、政策統合された持続性の高いサービス実現により、「ひと」と「ひと」がつながるまちを目指し、「高松市スーパーシティ構想」を取りまとめました。
    このセッションでは「高松市スーパーシティ構想」の概要や今後の方向性についてご紹介します。

    スピーカー
    • 高松市

      総務局参事・デジタル推進部長

      小澤 孝洋 氏

  • 10:00 - 10:45

    セミナー

    Bluetooth®技術:2021年市場動向およびCOVID-19感染拡大の影響について

    セミナー

    CHANNEL 4

    本プレゼンテーションでは、「Bluetooth市場動向2021」レポートについてお話しします。これには、ワイヤレスオーディオ、ウェアラブルデバイス、位置情報サービス、デバイスネットワークといったソリューションに関する、世界的な最新トレンドや市場機会、技術の発展などが含まれます。また、世界中で未曾有の健康被害をもたらし続けているCOVID-19の感染拡大が、Bluetooth市場にどのような影響を与えたのかについてもご説明いたします。

    スピーカー
    • ブルートゥース スペシャルインタレストグループ

      Bluetooth SIG APAC マーケティング ディレクター

      ロリ・リー 氏

  • 10:00 - 11:00

    スーパーシティ/スマートシティ

    同時通訳有り

    過疎集落が挑むスーパーシティのリアル

    スーパーシティ/スマートシティ

    CHANNEL 1

    消滅可能性都市上位の過疎の町「すさみ町」。人口約3700人のすさみ町は、和歌山県の中で最も課題が顕在化した地域であり、それは日本の10年先の姿でもあります。町内人口の200倍の観光客が訪れる「道の駅すさみ」を中心に、地域・企業が一体となって、テクノロジーを活用したイノベーションにより、地域の課題の解決、地域の活性化に取り組んでおり、その取り組みをご紹介します。

    スピーカー
    • すさみ町

      町長

      岩田 勉 氏

    • 国土交通省

      道路局企画課 評価室 室長

      手塚 寛之 氏

    • 積水ハウス株式会社

      開発事業部 道の駅プロジェクト運営統括室

      渡部 賢 氏

    • 株式会社ウフル

      代表取締役社長 CEO

      園田 崇史 氏

  • 10:00 - 11:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    自動翻訳有り

    今後のDX推進政策と、企業におけるDX推進の要諦「withコロナ・afterコロナを踏まえた今後のDXのゆくえ」/「企業におけるDX推進の要諦」

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 2

    コロナ危機で多くの企業が非対面業務や在宅勤務に直面しただけでなく非接触型経済が進展した。コロナ危機を克服して事業継続性を強化するために、オンライン会議やIoT機器の活用を前提にした新たなDX推進戦略が必要になる。
    たとえば、多種多様なネットワーク機器を接続するDXでは、顧客価値を創造するイノベーションだけでなく、信頼性、セキュリティ、相互運用性等のディペンダビリティを保証するデジタルガバナンスが重要である。経済産業省より今後のDX推進政策の動向を講演頂くと共に、今後のDX推進戦略と注目すべき動向を紹介する。/経済産業省が2018年に発表した「2025の崖」でもっとも重要なメッセージは、全社横断的な情報の利活用にあるという立場に立ち、ここではDXを広義に捉える。企業においてDXを推進するための要諦は、どのようにつなぐかというHOWだけでなく、何をつなぐかというWHATについても検討することで、DT(デジタル技術)とDT(デザイン思考)を掛け合わせて、真の「つなぐ」を実現することであるというのが、ここでのメインメッセージである。

    スピーカー
    • (一社)電子情報技術産業協会

      経済産業省 商務情報政策局 情報技術利用促進課長

      田辺 雄史 氏

    • (一社)電子情報技術産業協会

      東京理科大学経営学部国際デザイン経営学科・教授

      飯島淳一 氏

  • 11:00 - 11:30

    地域ビジョン

    北海道 | スーパーシティ

    さらべつむらのスーパーシティ構想について

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    更別村「SUPER VILLAGE」構想は、100歳になってもワクワク働けてしまう奇跡の農村を目指し、ヒトモノコトの自動移動、IoTヘルスケア、世界№1生体認証の実装で「じいちゃんばあちゃんQOL世界一の村」を実現します。

    スピーカー
    • 北海道更別村

      更別村長

      西山 猛 氏

  • 11:00 - 11:45

    セミナー

    DX時代の法則と組織能力を併せ持つ製造業DXとは?~物事の分離と新結合を促す未来のDX地図~

    セミナー

    CHANNEL 4

    日本の製造業は、欧米型のマネジメント技術を「学びすぎ」ているのではないか?
    何故、既存事業の延長で構想し、足元の対応だけに終始してしまうのか?
    未来のDXを構想するために本当に必要なことは何か?
    この問いに答えるためには、DX実現への考え方と組織能力を併せ持ち、古くて新しいDX時代のマネジメント技術の再構築が必要になる。
    未来のDX地図をどう描き進めるか、最新事例を交えながらお伝えします。

    スピーカー
    • アビームコンサルティング株式会社

      執行役員 プリンシパル デジタルテクノロジービジネスユニット DXIセクター長

      橘 知志 氏

  • 11:00 - 12:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    自動翻訳有り

    DX時代のソリューションサービス市場動向、アフターコロナを見据えた働き方改革の課題と対策

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 2

    2016 年度から実施しているソリューションサービスにおける利活用分野別(業種別)市場および今期初の統計となるDX関連売上について紹介する。また、アフターコロナを見据えた働き方改革の課題と対策および2021年8月に実施したユーザ企業およびITベンダのアンケート調査の速報について紹介する。

    スピーカー
    • ソリューションサービス事業委員会 委員長

      富士通株式会社 執行役員常務 OneERP+ Global Head Office長

      馬場 俊介 氏

    • ソリューションサービス事業委員会 副委員長

      沖電気工業株式会社 ソリューションシステム事業本部企画管理部 シニアスペシャリスト

      込宮 信治 氏

    • 働き方改革専門委員会 委員長

      株式会社日立製作所 システム&サービスビジネス統括本部 経営戦略統括本部 渉外本部 渉外第一部 部長代理

      綾部 歩 氏

  • 11:30 - 12:00

    地域ビジョン

    中部 | スーパーシティ

    「世界に先駆けるスーパーシティ松本~市民と地球のいのちを守る~」

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    松本市は、国のスーパーシティ構想の指定に向けて、「サステナブルな医療・福祉・健康づくり」と「100%カーボンニュートラルな自立分散型まちづくり」を柱とした提案を国に提出しました。先端的サービスの例として、超高齢化社会などへの対策として、市民に医療機器が近づく「移動する診療所」を導入します。また、50Hzと60Hzの混在地域であることを生かしたソリューションで市内全域100%カーボンニュートラルを実現します。

    スピーカー
    • 松本市

      松本市副市長 兼 CDO

      宮之本 伸 氏

  • 11:30 - 13:00

    スーパーシティ/スマートシティ

    同時通訳有り

    スポーツとテクノロジーの未来の形 ~今治からの挑戦~

    スーパーシティ/スマートシティ

    CHANNEL 1

    前半は岡田武史がこれまでの経験と体験を踏まえて、今現在今治で行っている挑戦について話させていただきます。様々に変化する社会の中で、今の社会に何がもとめられているのか、新しい価値感ができていく中で本当に人間に必要なことは何か、今治の活動を通じて岡田武史の考えを話します
    後半は、里山スタジアムの設計に関わった、梓設計、NECネッツエスアイを交えてパネルディスカッションを通して、スマートスタジアム・スポーツチームを起点とした、周辺地域のまちづくり、地域活性化についての課題解決のヒントを見出していきます。

    スピーカー
    • 株式会社今治.夢スポーツ

      代表取締役会長

      岡田 武史 氏

  • 12:00 - 12:30

    地域ビジョン

    中国 | スーパーシティ

    音声サービスを加えた共創型地域情報基盤の整備と重層的地域体制の構築

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    市民団体などの地域資源を横断的に最適化し、住民が画像や音声などを通じて地域参加に必要なターゲティングされた情報を主体的に発信・取得しながら、地域全体を重層的に包み込み、それに応じて意識を変えていくことができるインタラクティブなプル型情報インフラを整備するプロジェクトです。

    スピーカー
    • ためま株式会社

      代表取締役

      清水 義弘 氏

  • 12:00 - 12:45

    セミナー

    待ったなしの自治体DX ~システム標準化に向けて今やるべきこと~

    セミナー

    CHANNEL 4

    2040年問題に加えて長期化するコロナ禍対応や度重なる自然災害など、自治体職員を取り巻く労働環境は厳しさを増している一方で、BCPの観点からもBPRが喫緊課題であるものの、どこから手を付ければよいか分からないという声がよく聞かれます。本セッションでは80以上の自治体において業務構造、業務量を定量的に見える化することでデータに基づく業務改革を実践してきた事例や手法についてお話しさせていただきます。

    スピーカー
    • コニカミノルタ株式会社

      デジタルワークプレイス事業本部 自治体DX推進部 部長 兼 関西支社長

      別府 幹雄 氏

  • 12:00 - 13:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    自動翻訳有り

    超スマート社会実現に向けたAIの社会実装 (すべての人が活躍できる包摂性・多様性のある社会のために)

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 2

    当委員会では超スマート社会(Society5.0)において、企業がAIを活用した製品・サービスを通して安心・安全と便利・快適を実現するために解決すべき課題について調査検討を行っている。SDGs等でも重視される「多様性と包摂性のある社会」を実現するための課題と、AIによる解決可能性について、ヘルスケア(医療、介護・福祉、メンタルヘルス)とスマートシティ(都市、地方)市場での検討結果を踏まえて提言を行う。

    スピーカー
    • (一社)電子情報技術産業協会

      ソフトウェア事業委員会 スマート社会ソフトウェア専門委員会 委員長

      進藤 成純 氏

  • 12:30 - 12:45

    地域ビジョン

    東北 | スーパーシティ

    オプトインによる共助型分散社会の実現

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    「スマートシティ会津若松」の取組を踏襲し、オプトイン&パーソナライズによる人間中心かつ市民同士が信頼関係でつながるデジタル共助社会を構築するとともに、分野横断型の地域経済基盤を強化する地域産業DXとWell-beingを向上させる市民生活DXを地域プラットフォーム上に実現する地域全体のDXにより、様々な分野や多様な利用者を意識した包括的かつ包摂的なデジタル化を図り、利便性・持続性等を向上させるブラウンフィールドでのスーパーシティを推進することで真の地方創生を実現する。

    スピーカー
    • 会津若松市

      スマートシティ推進室長

      本島 靖 氏

  • 12:45 - 13:00

    地域ビジョン

    東北 | スーパーシティ

    仙台市×東北大学スーパーシティ構想について

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    スピーカー
    • 仙台市

      市長

      郡 和子 氏

  • 13:00 - 13:30

    地域ビジョン

    中部 | スーパーシティ

    マイナンバーで実現する加賀市のスーパーシティ

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    電子国家エストニアでは、日本のマイナンバーにあたる「e-ID」をもとに、行政サービスの99%を電子化させるとともに、さまざまなサービスを展開している。
     加賀市では、エストニアをモデルとし、電子自治体に向けたデジタルインフラである全国トップのマイナンバーカード普及の強みをいかし、ゆりかごから墓場までデジタルの恩恵を受けられる世界トップの電子自治体を目指す。

    スピーカー
    • 加賀市

      加賀市 市長

      宮元 陸 氏

  • 13:00 - 13:45

    セミナー

    「大容量データ変換プラットフォーム」のご紹介 ~全ての専用デジタルデータをネットワークの世界に~

    セミナー

    CHANNEL 4

    半導体、医療、放送分野等、映像を中心としたデータストリームは高精細・大容量化の一途をたどっています。
    従来は大規模なサーバーシステムやネットワーク分散システムを必要としたこれらのネイティブデータを、後段のコンピュータシステムが高速かつリアルタイムにデータを利用することを可能する「大容量データ変換プラットフォーム」を紹介します。

    スピーカー
    • 日本コントロールシステム株式会社

      デジタルシステムユニット

      田中 俊也 氏

  • 13:30 - 14:00

    地域ビジョン

    近畿 | スーパーシティ

    うめきた二期の街づくり【うめきた二期事業JV代表:三菱地所】/都市型MaaSの実現にむけて【Osaka Metro】

    地域ビジョン

    CHANNEL 5

    大阪府・市では、グリーンフィールドである夢洲地区とうめきた地区においてスーパーシティの区域指定を目指しています。本セッションではうめきた地区の概要及びOsaka Metroの目指している”都市型MaaS”についてご紹介させて頂きます。Osaka Metroは様々な移動手段をシームレスにつなぎ、圧倒的に便利な次世代交通インフラを整備して新たな移動価値やサービスを提供し、生活の質の向上と大阪の更なる発展や活性化を目指す”都市型MaaS”の構築に取り組んでおります。

    スピーカー
    • うめきた二期事業JV代表:三菱地所株式会社

      うめきた開発推進室 室長【三菱地所】

      菅沼 健太郎 氏

    • 大阪市高速電気軌道株式会社

      執行役員 MaaS戦略推進部 第1部長【Osaka Metro】

      上新原 公治 氏

  • 13:30 - 15:00

    スーパーシティ/スマートシティ

    同時通訳有り

    「スマートシティ AiCT(アイクト)」の取り組みと、それを支えるArubaネットワークインフラ(通信基盤)の重要性

    スーパーシティ/スマートシティ

    CHANNEL 1

    東日本大震災を受け、アクセンチュアの復興プロジェクトとして始動した「スマートシティ会津若松(AiCT)」。
    本セッションでは、AiCTの取り組みと、スマートシティを支えるネットワークインフラ(通信基盤)の重要性について、日本ヒューレット・パッカード 執行役員 Aruba事業統括本部長の田中に加え、会津若松市 室井市長、アクセンチュア・イノベーションセンター福島 センター長 中村様をお迎えし、パネルディスカッション形式にてご紹介致します。

    モデレータ
    • アナウンサー

      渡辺 真理 氏

    パネリスト
    • 日本ヒューレット・パッカード合同会社

      執行役員 Aruba事業統括本部長

      田中 泰光 氏

    • 会津若松市

      市長

      室井 照平 氏

    • アクセンチュア株式会社

      アクセンチュア・イノベーションセンター福島 センター共同統括 マネジング・ディレクター

      中村 彰二朗 氏

  • 14:00 - 14:45

    セミナー

    国際化時代におけるダイバーシティとDX ~外国人財活躍を実現するのための4つのTips~

    セミナー

    CHANNEL 4

    少子高齢化やグローバル化、働き方の多様化などの問題が叫ばれる昨今、企業には人々の多様性を活かしたダイバーシティ経営だけでなく、外国人労働者の取り込みやデジタルトランスフォーメーション、販路拡大を見据えた国際化戦略など、取り組むべき課題がたくさん存在しています。今回のセミナーでは、その中でも外国人従業員に関する課題にフィーチャーし、全体戦略、採用、定着、活躍の4つの課題に対し、事例を踏まえたご説明と対応策を解説いたします。

    スピーカー
    • Wovn Technologies株式会社

      Marketing Manager

      森山 真一 氏

  • 14:00 - 15:00

    スーパーシティ/スマートシティ

    自動翻訳有り

    沖縄のワーケションとテクノロジー (仮)

    スーパーシティ/スマートシティ

    CHANNEL 2

    (仮)沖縄県におけるワーケションの取り組み紹介と、沖縄ならではのワーケションを
    より活用できるテクノロジー紹介。

    スピーカー
    • 一般財団法人 沖縄IT イノベーション戦略センター

  • 15:00 - 16:00

    スーパーシティ/スマートシティ

    自動翻訳有り

    NTTのスマートシティの取組み

    スーパーシティ/スマートシティ

    CHANNEL 2

    NTTグループでは、社会課題の解決をめざす地方自治体や多様な分野のサービス提供者の皆様とともに、様々なデータの集積・利活用や5G、AI、IoTといった技術の活用により、持続可能で人々の豊かな暮らしを支えるまちづくりに取り組んでいる。その中から、国内外のこれまでの取組事例や、デジタルツインコンピューティングの活用をはじめとする今後の構想について紹介する。

    スピーカー
    • 日本電信電話株式会社

      新ビジネス推進室 スマートシティ担当 統括部長

      吉原 俊博 氏

  • 15:30 - 17:00

    スーパーシティ/スマートシティ

    同時通訳有り

    CEATEC 2021 ONLINE 特別企画 首長サミット 最先端スマートシティで実現する地方の未来

    スーパーシティ/スマートシティ

    CHANNEL 1

    拡大する新型コロナウイルス感染症により、市民生活はかつてないほどの危機にさらされています。市民生活を守る地域の首長は、安心安全な生活の確保、経済対策、少子高齢化対策、さらには自然災害にも備えたレジリエンスの確保など、様々な困難に直面しています。
    本首長サミットでは、先の見えない困難に革新的な首長が取り組んでいる様々な取組みを紹介するとともに、ポストコロナ/ウィズコロナ時代を見据えた、テクノロジーを活用したスマートシティ/スーパーシティの未来像まで踏み込んだ議論を展開します。

    モデレータ
    • 日本総合研究所

      リサーチ・コンサルティング部門 プリンシパル

      東 博暢 氏

    パネリスト
    • 加賀市長

      宮元 陸 氏

    • 浜松市長

      鈴木 康友 氏

  • 16:00 - 17:00

    Society5.0/IoT/DX/SX

    自動翻訳有り

    クリエイティビティとデータの融合で実現する「心、おどる 、デジタル」

    Society5.0/IoT/DX/SX

    CHANNEL 2

    全世界でデジタルトランスフォーメーションの大きな波が押し寄せている中、国内では未だ自動化や効率化にとどまることが多く、デジタルが本来もたらす大きなビジネス変革までいたっていない状況にあります。アドビでは「心、おどる、デジタル」のビジョンの下、クリエイティビティとデータを融合することで、DXを単なる課題解決の手段ではなく、最高の顧客体験を実現する、ビジネスや企業競争力に必要不可欠な変革と捉え、それを推進します。

    スピーカー
    • アドビ株式会社

      代表取締役社長

      神谷 知信 氏