ENGLISH

お問い合わせ

お知らせ

CEATEC 2020 ONLINE、10月20日開幕
今年は初のオンライン開催、テーマは「ニューノーマル」
DXを牽引する356社/団体が最新のソリューションやテクノロジーを披露

令和2年10月19日


一般社団法人電子情報技術産業協会、一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会の3団体で構成するCEATEC 実施協議会は、2020年10月20日(火)~23日(金)の会期にて「CEATEC 2020 ONLINE(シーテック 2020 オンライン)」を開催します。オンライン開催の特長を活かし、本年は会期終了後もオンデマンドとして12月31日までご覧いただけます。

テクノロジーを活用することで、いかに人々の暮らしを豊かにできるか発信してきたCEATECは、2000年に第1回を開催しました。年々規模を拡大し、デジタル家電見本市として発展した後、2016年に脱・家電見本市を宣言して、「IoT」と「共創」で未来の社会や暮らしを描く「Society 5.0の総合展」へと大きく生まれ変わり、昨年20周年を迎えました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、史上初の完全オンラインでの実施となる本年は、「CEATEC - Toward Society 5.0 with the New Normal(ニューノーマル社会と共に歩むCEATEC)」のスローガンのもと、ニューノーマル社会の多様なソリューションやテクノロジーを広く発信します。

CEATEC 2020 ONLINEには、3つの展示エリア(ニューノーマルテーマエリア、企業エリア、Co-Creation PARK)に356社/団体(出展申込数)が出展します。うち今回が初めての出展者は164社/団体で、オンライン開催ということで、新たな顔ぶれを中心として、デジタルトランスフォーメーション(DX)を牽引する企業/団体が多く集まりました。また、海外出展者は計71社/団体が参画します。CEATEC 2020 ONLINEはニューノーマル社会の暮らしやテクノロジーを「見て」「聴いて」「感じて」「考えて」いただける場を提供し、新たな共創を生み出すことを目指します。

キーノートやパネルディスカッションなど、70を超えるコンファレンスを会期4日間にわたって開催します。ニューノーマルをはじめ、5Gや学生向けのセッションなど、多彩な内容を用意しています。また本年のコンファレンスは、会期終了後にオンデマンド配信を予定しており、多数のトップリーダーによる講演や専門性の高いセッションを10月28日(水)よりご覧いただける予定です。

CEATEC 2020 ONLINEは、4日間の会期において、20万人超の来場者数を見込んでいます。来場者数の結果は、会期終了後となる10月26日(月)に発表予定です。

CEATEC 2020 ONLINE 開催規模

出展申込者数
356社/団体(2019年実績:355社/団体)
新規出展者数
164社/団体, 新規出展者率 46%(2019年実績:39%)
スタートアップ/大学研究機関出展者数
135社/団体
海外出展者数
71社/団体


以上