CEATEC 2020 ONLINE、6月30日より出展申込受付を開始

令和2年6月30日



一般社団法人電子情報技術産業協会、一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会の3団体で構成するCEATEC 実施協議会は、2020年10月20日(火)~23日(金)に開催予定の「CEATEC 2020 ONLINE(シーテック 2020 オンライン)」について、開催概要を公開し、6月30日より出展申込受付を開始することを発表しました。

「CEATEC - Toward Society 5.0 with the New Normal(ニューノーマル社会と共に歩むCEATEC)」をスローガンに開催するCEATEC 2020 ONLINEは、コンセプトとして「New Normal(Society 5.0の実現と共に新たな社会への提案)」、「Digital Transformation(オンライン開催ならではのDX実現の提案)」、「Anytime & Anywhere(いつでも、どこからでも参加できる新たな枠組みの提案)」の3つを掲げ、オンライン上に構築する会場(WEBサイト)において、出展者が集結する展示エリアならびに主催者によるコンファレンスの映像配信を展開し、出展者と参加者がこれからのニューノーマル社会を考え共創していくための場として開催します。

展示エリア


出展者のページには展示内容の紹介動画や資料などを掲載するとともに、リアルタイムチャット機能によって出展者と来場者がコミュニケーションをとることが可能です。展示エリアは下記の3つで構成します。

■ニューノーマルテーマエリア
新型コロナウイルス感染症がもたらした「新たな暮らし(ニューノーマル)」をキーワードに、持続的かつ豊かな暮らしを実現するための新たなソリューションやテクノロジー、サービスを紹介します。「ニューノーマルソリューションズ」「ニューノーマル社会を支える要素技術・デバイス」「デジタルまちづくり」の3つのカテゴリーのもと、テーマごとに複数の出展者でページを構成し、展開する予定です。


ニューノーマルソリューションズニューノーマル社会を支える
要素技術・デバイス
ニューノーマル時代の
デジタルまちづくり
□医療・ヘルスケア
□教育
□食
□エンターテインメント
□働き方
□流通/小売り
□非接触・遠隔コミュニケーション
□ビッグデータ
□デジタルツイン
□デバイス&テクノロジー
□地域が持つ課題に対して解決に資するソリュ―ションを持つ企業
□スマートシティ、街づくりに資する技術やソリューションを持つ企業
□地方自治体と連携した地域活性化に資する事例を持っている企業


■企業エリア
ニューノーマル、さらにその先のSociety 5.0の実現を見据えた製品やソリューション、さらにはテクノロジーなどを企業ごとに紹介します。IT・エレクトロニクスをはじめ、モビリティ、工作機械、運輸、住宅、建設、金融、観光、エネルギー、サービスなどのテクノロジーを活用するあらゆる産業/業種を対象とし、企業のビジョンを発信する総合的なものから、1つの事業に特化した専門的な内容まで、大小さまざまな企業が参画する予定で、多種多様で特色のある展示が披露されます。

■Co-Creation PARK(スタートアップ&ユニバーシティゾーン)
設立9年以下(2011年10月以降に設立)のスタートアップ企業や研究成果の社会実装を目指す大学・教育機関を出展対象とし、出展者ごとにページ構成し、それぞれの製品やソリューションを紹介します。次世代のフロントランナーとして期待される国内外の企業や大学・教育機関が参画する予定です。

コンファレンス


国内外のキーノートのライブ配信をはじめ、ニューノーマルをテーマとしたコンファレンスや連携企画などの準備を進めています。コンファレンスのプログラムは9月頃に公開予定です。

■「AI/SUM & TRAN/SUM」と連携【初】
AI(人工知能)の活用ならびに交通・移動手段とITとの融合をテーマとする「AI/SUM & TRAN/SUM」(主催:日本経済新聞社)と連携し、「CEATEC with AI/SUM & TRAN/SUM」として今回初めて相互でコンファレンスを実施します。登壇者ならびに内容につきましては、決定次第改めて発表します。


関連ファイルダウンロード

CEATEC 2020 ONLINE 開催概要

以上

CEATEC 実施協議会