プレスブリーフィング(記者会見)スケジュールのご案内

プレスセンター特設会場(50名収容)

10月14日(月)

時間 ブース番号 企業名 説明
10:00 ~10:30
11:00~11;30 B003 パラマウントベッド(株) 睡眠と健康領域の新ブランド「Active Sleep」設立。
「Active Sleep BED」「Active Sleep MATTRESS」「Active Sleep ANALYZER」の3つの新製品を2019年6月1日(土)に発売開始。

Active Sleep Partnerプロジェクトと銘打ち、Active Sleepブランドでは、Active Sleep ANALYZERなどを通じて得られる睡眠データを活用し、睡眠についてさらなる研究を進め、睡眠をもっとよくする製品・サービスを開発していきたいと考えていきたいと考えており、CEATECにおいては、これに賛同し協力いただけるパートナー企業を募集しています。
12:00~12:30 A009 XPAND(株)
13:00~13:30
14:00~14:30
15:00~15:30
16:00~16:30

10月15日(火)

時間 ブース番号 企業名 説明
10:00 ~10:30 トレジャーデータ(株)
11:00~11;30 京セラ(株)
12:00~12:30 A009 森田テック(株) 弊社では、5GでのRF試験をされる通信キャリア、基地局・端末メーカー様に国際特許出願中のアンテナカプラを使用した小型のシールドボックスによる近傍界OTA(Over-The-Air)試験をご提案し、ご採用いただいております。
アンテナカプラは接触距離~数十cmほどの近距離でOTA試験を行うことができます。
OTAでのハンドオーバー試験、ビームフォーミング試験は基地局、端末を収納する小型のシールドボックスによる試験が必須となっております。
13:00~13:30 D037 ANAホールディングス(株) キーノート登壇後のタレントの綾瀬はるかさんへの個別取材対応用として申し込みをさせて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。
14:00~14:30 ANAホールディングス(株)
15:00~15:30 ANAホールディングス(株)
16:00~16:30 G006 VAIO(株) 【「ロボット汎用プラットフォーム」を活用した VAIO の自社ロボット】

1)VAIO初の自社コミュニケーションロボット「おしゃべりコウペンちゃん(仮称)」の詳細発表
「Simple」ハードウェアを活用し、2019年7月に製品化を発表したVAIO
初の自社コミュニケーションロボット『おしゃべりコウペンちゃん(仮称)』の詳細(発売日、製品特長、価格など)を発表します。人気キャラクター「コウペンちゃん」との癒しの会話を是非ご体験ください。

2)国内初の取り組み「ロボット汎用プラットフォーム」
ロボット開発・サービス提供に必要な機能(H/W・S/Wプラットフォーム、音声ソリューション、AI、製品発売後の運用システムなど)を一括で提供する「ロボット汎用プラットフォーム」をご紹介します。全ての機能をワンストップでご提供するのは国内初の取り組みです。
またロボット設計自体の大幅な効率化を実現する本プラットフォームのハードウェア「Middle」「Simple」「Mini」の 3種類のデモ展示も行います。

3)EMS 事業
お客様が「つくりたいもの」を高品質にご提供するVAIOのEMS事業をご紹介します。
「上流設計」「ワンストップ体制」「専用窓口」など、お客様に満足して頂ける受託体制をご説明します。

10月16日(水)

時間 ブース番号 企業名 説明
10:00 ~10:30 A009 (株)ケミトックス 従来のSi系デバイスの低コスト化、次世代WBG材料のSiC系・GaN系デバイス開発には、半導体チップのみならず、その周辺材料の改良も必要となります。ケミトックスでは、材料の評価で培った長年の経験から、デバイス自体の信頼性評価に限らず、材料評価用パワーデバイスの試作と、これを用いたデバイスの評価まで行っています。製品の性能評価・カタログスペック用データ取得に材料評価用パワーデバイスをご活用ください。
11:00~11;30 CEATEC AWARD 部門賞表彰
12:00~12:30
13:00~13:30
14:00~14:30 H010 タイコ エレクトロニクス ジャパン合同会社 TE Connectivityは、5Gアプリケーションにおける業界リーダーとして、5G市場に関する洞察を発表したいと思います。
15:00~15:30 A009 (株)アイエスゲート 多言語X線検査支援システム e-検査ナビ シリーズ

1.胃部X線検査支援システム(e-検査ナビ)
耳の聞こえづらい方や外国人の方に胃のバリウム検査の検査中の指示を多言語の音声、イラスト、アニメーション、文字を用いて分かりやすく伝えることを支援します。

2.胃部、胸部、胸部CT、乳房X線検査支援システム(e-検査ナビ Plus)
耳の聞こえづらい方や外国人の方に検査前のお名前の確認から、検査中の体の動作指示、検査後の注意点等の一連の検査指示をe-検査ナビと同様に分かりやすく伝えることを支援します。

3.胃部、胸部、胸部CT、乳房X線検査支援システム(e-検査ナビ プラス)
耳の聞こえづらい方や外国人の方がスムーズに検査を受診するためには、検査への理解と協力が必要です。待合室等で検査を受診する前の待ち時間に、検査の内容や、検査にかかる時間、検査の注意事項等を事前に学習することができ、検査への理解を深めて頂くことを支援します。
16:00~16:30 E072-46 九州大学 藤野研究室(スタートアップ&ユニバーシティゾーン) この度、九州大学 グローバルイノベーションセンター 藤野研究室は、加工が難しく単純な形状しか作ることができなかった石英ガラスを、3Dプリンタにより超複雑形状で作製する技術を開発しました。3Dプリンタならではの、複雑形状、簡単、オンデマンドでの石英ガラス製品が作製可能です。優れた物性を有するもののその加工が困難なため商用化できなかった用途への展開が可能となります。 当日は、3Dプリンタで作製した石英ガラス品を実際に展示しますので、その極めて複雑な造形を是非ご覧ください。

10月17日(木)