News

「Society 5.0 TOWN」、初参加の12社/団体を含む、
24社/団体が参画決定
― 2030年の未来の「まち」をCEATEC 2019にて展開 ―

2019年7月29日


CEATECの主催団体の1つである、一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA:代表理事/会長 遠藤信博 日本電気株式会社 取締役会長)は、本年10月15日(火)から10月18日(金)の会期で開催される「CEATEC 2019」(会場:千葉市・幕張メッセ)において、企画展示「Society 5.0 TOWN」を、CEATEC初参加となる12社/団体を含む24社/団体の参画を得て、初めて展開することを発表しました。

「Society 5.0 TOWN」参画企業・団体一覧(7月29日現在)※五十音順

- 株式会社アクセルラボ
- ANAホールディングス株式会社【初】
- 大阪ガス株式会社【初】
- 株式会社大林組【初】
- Origin Wireless Japan株式会社
- 関西電力株式会社【初】
- SoundUD推進コンソーシアム【初】
- 清水建設株式会社【初】
- JapanTaxi株式会社 【初】
- 株式会社JTB
- 大成建設株式会社【初】
- 株式会社竹中工務店
- 大日本印刷株式会社【初】
- 戸田建設株式会社【初】
- 凸版印刷株式会社
- トレジャーデータ株式会社【初】
- 株式会社バンダイ
- 東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)
- 広島県【初】
- マゼランシステムズジャパン株式会社
- 豆蔵ホールディングスグループ
- 株式会社三井住友フィナンシャルグループ
- 三菱地所株式会社
- 株式会社LIXIL

Society 5.0 TOWNは、サービス産業を中心とした複数企業による共創型の参画により、2030年の未来の「まち」で実現が見込まれるエネルギーや交通・インフラ・防災などの都市機能サービス、物流・販売・金融などの商業サービス、医療・娯楽・生涯学習などの生活サービスなど、多様なサービスを各業界のフロントランナーの参画を得て初めて展開するもので、昨年まで主催者企画として展開していた「IoTタウン」を進化・発展させて開催する企画展示です。

CEATEC初参加となるモビリティ、運輸、建設、電気・ガス業界からの参画企業を迎え、モノとサービスが一体化したソリューション・サービス(B2B2C)を提案します。また、複数の業種・産業が技術とノウハウを共創することで生み出されるモノやサービスを紹介する「共創ゾーン」も併せて展開します。

Society 5.0の実現に向けて動き出したフロントランナーによる、未来に向けたさまざまな連携や共創を発信するSociety 5.0 TOWNにご期待ください。展示内容などの詳細は改めて発表します。

本件に関する報道関係者からのお問合せ先
一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)経営企画本部 政策渉外部 広報室(担当:吉田)
TEL:03-5218-1053
Mobile:080-7749-2249
E-mail:press@jeita.or.jp



関連ファイルダウンロード

プレスリリース Society 5.0タウン 開催発表

以上