CEATEC JAPAN 2018 本日より、公式Webサイトにて入場事前登録を開始

CEATEC JAPAN 2018
本日より、公式Webサイトにて入場事前登録を開始

2018年8月3日


一般社団法人電子情報技術産業協会、一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会の3団体で構成するCEATEC JAPAN実施協議会は、2018年10月16日(火)から19日(金)まで4日間の会期にて、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催する「CEATEC JAPAN 2018」の入場事前登録を、本日8月3日(金)より公式Webサイトにて開始したことを発表しました。

CEATEC JAPANは、2016年、脱・家電見本市を宣言し、社会を変えていく原動力であるIoTをメインテーマにした、CPS/IoT総合展へのシフトを断行しました。「日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会」として開催する2018年、3年連続で「つながる社会、共創する未来」(英語表記:Connecting Society, Co-Creating the Future)」を開催テーマに掲げ、家電見本市の枠を超えた、政策・産業・技術の連携とあらゆる産業・業種による「共創」を発信します。

2018年の主な注目ポイント
① 600社/団体を超える、さまざまな産業・業種のフロントランナーが出展予定
展示フロアは、未来のテクノロジーと将来のトレンドがより分かりやすいように設計されています。全体を網羅する「トータルソリューション」のエリアでは、Society 5.0を牽引する幅広いソリューションを見ることができます。また、「電子部品/デバイス&装置」「AI/ビッグデータ/サイバーセキュリティ」「モビリティ/ロジスティクス」「スマートファクトリー」「エネルギー/スマートライフ/スマートワーク」「フィットネス/ヘルスケア」「エンターテインメント」のそれぞれのテーマエリアでは、専門性の高い最先端ソリューションが披露されます。CPS/IoTの革新技術を活用するエレクトロニクス、モビリティ、建設機械、ヘルスケア、工作機械、流通、旅行、玩具など、さまざまな産業・業種の600社/団体を超えるフロントランナーの展示にご期待ください。

② 初日の基調講演をはじめとする、各界の第一人者による100を超えるコンファレンス
コンファレンスは「CEATEC Keynotes」と「CEATEC Sessions」に区分され、全体で100を超えるプログラムの実施を予定しています。特に会期初日は従来のプログラム構成を一新し、各産業界のフロントランナー企業のトップ自らが登壇する基調講演に生まれ変わりました。本年は、コマツ代表取締役社長兼CEOの大橋徹二氏、Preferred Networks代表取締役社長 CEOの西川徹氏、ローソン代表取締役 社長の竹増貞信氏、ファナック代表取締役会長兼CEOの稲葉善治氏の基調講演を予定しています。なお、全てのコンファレンスプログラムは8月10日(金)に公式Webサイトにて公開し、同日より事前聴講予約を開始します。

③ スタートアップおよび大学・教育機関の出展が150社/団体を超える見込み
Society 5.0が実現する次世代を担う、スタートアップおよび大学・教育機関による出展は、国内外から多数の出展が決定しており、昨年実績の140社/団体を上回り、150社/団体を超える見込みとなっています。また、展示フロア内のイノベーショントークステージ(ホール4)において、ピッチイベント(CEATEC Pitch)を計画しており、スタートアップ、大学・研究機関、大企業そして投資家の新たな繋がりを生み出す取り組みを強化します。



以上