10/3 - 10/610:00-17:00 幕張メッセ

Press Releasesプレスリリース

報道資料

2017年9月20日

殺菌能力の高い波長265nmで世界最高レベルの高出力を実現した深紫外LED

【製品概要】
本製品は、深紫外LEDで一般的に用いられるサファイア基板を使用せず、紫外光に対して透明で、
欠陥密度の低い単結晶の窒化アルミニウム(AIN)基板を採用しました。
それにより、寿命を悪化させる要因となるLED素子層中の欠陥密度が既存品に対して1/1000以下に低減されました。
また、素子構造の最適化、および独自の光取出しナノ構造を採用することより、殺菌用途に最適な265nmの深紫外LEDとして、世界最高レベルの高出力特性、および長寿命化を達成し、効果的に安定した殺菌性能を実現することが可能となります。

【背景・市場】
従来の深紫外LEDは低出力であったため、用途は検査・計測や分析用などに限られてきましたが、
殺菌効果の高い波長265nmで高出力50mWの深紫外LEDの提供により、水・空気・各種マテリアルの表面殺菌などの殺菌市場への利用が可能となります。
また深紫外LEDは、水銀フリーで小型・低消費電力であるため、小型機器への組込みが容易となり、
水銀ランプ代替以外の新たな市場形成が期待されます。
人の健康や環境を水銀から保護するための「水銀に関する水俣条約」が2017年8月16日に発効となりました。現時点では殺菌用水銀ランプは、製造・輸出入禁止製品の規制対象外ですが、深紫外LEDの普及に伴い、将来的には規制対象になる可能性があります。電球や蛍光灯が白色LEDに置き換わったように、水銀ランプも近い将来深紫外LEDに置き換わることが予想されます。

出展者情報詳細

News

CEATECニュース
出展各社見どころ更新情報
業界最新ニュース
プレスリリース
CEATEC JAPANからのお知らせ
最新情報分析レポート Futuresource
出展ご検討の方はこちら 出展募集サイト
会場へのアクセス
会場へのアクセス
入場方法、幕張メッセへのアクセス、特別価格で宿泊可能なホテルなどの情報をご紹介。

Prime Media Partner

一覧でみる

Media Partner

一覧でみる

同時開催
  • 同時開催:All about PHOTONICS
  • 同時開催:MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017
イベントパートナー
  • BioJapan
  • cofesta
  • japan pack 2017
  • No maps
  • Tokyo Motor Show