news 事務局からのお知らせ

CEATEC 2019、会期中に自動運転の公道実証実験を 千葉市海浜幕張地区で実施

CEATEC 2019、会期中に自動運転の公道実証実験を
千葉市海浜幕張地区で実施

2019年9月20日


一般社団法人電子情報技術産業協会、一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会の3団体で構成するCEATEC 実施協議会は、CEATECの会期中に千葉市幕張新都心の公道で自動運転の実証実験を実施することを発表しました。あらゆる産業・業種によるCPS/IoTの革新技術が集結するSociety 5.0の総合展「CEATEC 2019」は10月15日(火)から18日(金)まで、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催されます。

CEATECでは、Society 5.0(超スマート社会)の実現とそれを体現するため、20周年特別企画として「モビリティ」に焦点を当て、スマートモビリティイノベーションとして自動運転機能を備えた小型バスが公道を自律走行、新たな移動手段を来場者に体験いただきます。

この企画は国家戦略特区として自動運転モビリティ等の実用化に向けた検討や実証実験を支援する千葉市と、Sドライブ株式会社による車両提供と技術支援をいただき進められます。CEATEC会期中毎日、幕張メッセを発着する公道の周回コースを自律走行する小型バスに一般来場者の試乗を実施し、テクノロジーを活用した新しいモビリティ体験を通じ、新たな社会や暮らしの提案、ビジネスの創出に向けた情報交流の機会を提供します。

スマートモビリティイノベーション 自動運転の公道実証実験概要

[実走期間]
2019年10月15日(火) - 18日(金)
※天候その他事情により中止となる可能性があります。

[乗車方法]
当日乗車整理券を配布(事前予約受付なし)

[走行コース]
幕張メッセ9-11ホール1階南広場ロータリー発着。幕張メッセ-海浜幕張駅を周る約1500mのコースを
時速約18㎞の低速、約15分で周回

[車両概要]
NAVYA ARMA(仏Navya社製)自動運転機能を有する電気自動車
走行は自動運転機能を使用しながら十分な訓練をうけた運転者により走行、補助する保安要員が車両に
乗車し、緊急時は手動運転に切り替える他、不測の事態に備えるなどの安全措置を取る。

[企画協力]
ラッピングスポンサー:TDK株式会社
企画協力:千葉市、株式会社幕張メッセ、SBドライブ株式会社
  
なお、走行コース、スケジュール、整理券配布方法など詳細情報は、
本日よりCEATEC 公式WEBサイトにて、公開します。
http://www.ceatec.com/

以上

Copyright 2019 CEATEC Organizing Committee All rights reserved.