CEATEC JAPAN 2015

事務局プレスリリース

事務局プレスリリース

報道資料

【Press Relase】「CEATEC JAPAN 2015」 10月7日(水)から幕張メッセにて開幕

今年のテーマは『NEXT -夢に力を、未来への挑戦』

■「CPS/IoTエキシビション」として2020年の社会や生活がどのように変わるのか、特別企画「NEXTストリート」をはじめ、キーノート、コンファレンス、各社の展示にて情報発信を強化します

■ベンチャー・ユニバーシティエリアが拡大、本年の出展は計54社/団体

■米国商務省認定イベントとして USA SHOWCASEを初めて設置

==

一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA:会長 水嶋繁光/シャープ株式会社 取締役会長)、一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ:会長 遠藤信博/日本電気株式会社 代表取締役執行役員社長)、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ:会長 荻原紀男/株式会社豆蔵ホールディングス 代表取締役社長)の3団体で構成するCEATEC JAPAN実施協議会は、2015年10月7日(水)から10月10日(土)までの4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で、最先端IT・エレクトロニクス総合展『CEATEC JAPAN 2015』を開催します。

CEATEC JAPANは、本年で16回目を迎える、世界最先端の技術・製品・サービスが一堂に会し、国内外の業界関係者をはじめとして幅広いユーザに情報を提供する、IT・エレクトロニクスの総合展示会です。IT・エレクトロニクス産業は、近年、自動車、医療、ロボットなど、様々な分野や産業との融合が進んでいます。人々がワクワクする未来をテクノロジーで提案し、次のビジネス機会を創出すること、そして、来場者が未来を感じられる場を創り出すことこそ、CEATEC JAPANの使命に他なりません。CEATEC JAPANは新しい家電製品の登場など社会の変化を反映させながら、テーマや展示もまた変化してきましたが、本年は、特にサイバーフィジカルシステム(CPS)/IoTを重点分野として定め、IT・エレクトロニクスの技術革新と実世界・サイバー空間の情報連携がもたらす新たな社会の実現に向けた最先端の取組みを、IT・エレクトロニクス業界のみならず、他産業、ベンチャー企業、海外企業と連携して、発信を強化してまいります。

■開催テーマ

『NEXT -夢を力に、未来への挑戦』

CEATEC JAPAN 2015は、『NEXT -夢に力を、未来への挑戦』(英:Next -Today’s Dream, Future Realities)をテーマに、最先端技術とイノベーションを結集し、2020年をベンチマークとした未来を描きます。

■開催規模

出展者数:531社/団体(うち海外:19カ国/地域から151社/団体)
[(2014年実績)出展者数 547社/団体(うち海外:24カ国/地域から150社/団体)]

■重点分野:CPS/IoT

世界中で大きなうねりとして注目されているCPS/IoTは、今後人々の生活を豊かにする大きな可能性を秘めたキーファクターです。電子部品・デバイスやホームエンターテイメント、パーソナルツールといったIT・エレクトロニクスのみならず、自動車をはじめとする他産業との連携を進めるCEATEC JAPANは、CPS/IoTの取組みや情報を発信する最適な場であると考え、本年はCPS/IoTを重点分野としています。具体的な取組みとして、CPS/IoTによる社会変化を体感できる技術やサービスを発信する、特別企画「NEXTストリート」をはじめ、キーノート、コンファレンス、各社の展示などを通して、CPS/IoTの最新の取組みや情報を発信・展開していきます。特に「NEXTストリート」は、研究機関やITを活用いただくサービス産業から近畿日本ツーリストや楽天などと連携し、2020年の社会を感じさせる先進的なサービスや技術を展示します。

■ゲストスピーチ、テーマは「2020年」と「宇宙」

10月7日(水)午前中、ゲストスピーチを実施します。一人目は2020年に向けてIT・エレクトロニクス技術の活用に対する期待を、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 常務理事(副事務総長)の佐藤広氏にお話をいただきます。二人目は日本人宇宙飛行士の山崎直子氏より「宇宙の夢、そして未来へ」をテーマにメッセージをいただきます。

■ビジネス機会を創出する技術者交流イベントを開催

昨年に引き続き、研究、開発に携わるキーエンジニアの交流を深め、新たなビジネス機会の創出を目的とした企画を実施します。IT・エレクトロニクスを専門的に取り扱う有識者がツアーガイドとして各社の技術紹介・質疑応答をサポートするガイドツアー、および技術者交流セミナーを10月9日に実施します。今回はCPS/IoT、モビリティ、ウェアラブルをテーマにしています。また、本年は初の取組みとして、次世代を担う学生を対象とした次世代技術者ガイドツアーを10月10日に開催します。

■革新的なベンチャーや大学発のテクノロジーが集結

昨年初めて創設した「ベンチャー&ユニバーシティエリア」には本年54社/団体が出展し、昨年と比較してエリアが大幅に拡大しています。当エリアにはCPS/IoTをはじめ、様々な技術を持つベンチャー企業や大学研究機関が集い、ベンチャーならではの革新的な新しいテクノロ
ジーや最新の研究成果や取組みを発信します。また、10月7日には会場内で『NRIハッカソン@CEATEC JAPAN 2015(主催:株式会社野村総合研究所)』を実施します。「Hack for “ Money ”~ IoTの力で、お金とのつき合い方を変えてみよう!」をテーマに個人と企業が協業してオープンイノベーションを目指します。

■会場構成

「新しいライフスタイル」、「豊かな暮らし」などを体現できる「ライフ&ソサエティ ステージ」と世界最先端の電子部品・デバイスを集めた「キーテクノロジ ステージ」、IT・エレクトロニクスとの融合が進むモビリティ、ヘルスケアなどの他分野との連携により見えてくる、近未来の社会や今後のトレンドにスポットを当てた「NEXTイノベーションエリア」で構成します。

■総務大臣賞、経済産業大臣賞を授与!「CEATEC AWARD」

IT・エレクトロニクス産業の発展と市場創造への貢献を目指し、出展品の中から、特に優れたイノベーション力を発揮すると評価される技術・製品・サービス・システムなどを表彰します。総務大臣賞、経済産業大臣賞の授与および4部門構成(ライフスタイル・イノベーション部門、ソーシャル・イノベーション部門、テクノロジ・イノベーション部門、グリーン・イノベーション部門)でグランプリを選考します。

【大臣賞発表・表彰式】
10月7日(水) 正午 オープニングレセプション内(ホテルニューオータニ幕張)

【部門賞発表】
10月8日(木) 午前10時 幕張メッセ中央エントランスおよびWebサイトに掲出

【部門賞表彰式】
10月9日(金) 午前11時30分 幕張メッセ ホール4 オープンステージ

最新情報、詳細は、下記CEATEC JAPAN公式Websiteをご確認ください。

http://www.ceatec.com

==

「プレスセンター」を設置し、報道関係の皆様のお問い合わせに対応いたします。

▼CEATEC JAPAN 2015 プレスセンター
10月6日(火)~10日(土)午前9時~午後6時(10日は午後5時まで)
幕張メッセ国際会議場2階 TEL:090-3212-2624

【上記期間以降のお問い合わせは、下記までお願いします】
CEATEC JAPAN運営事務局
(一般社団法人 日本エレクトロニクスショー協会)
担当:鳥飼 E-mail:press2015@ceatec.com TEL:03-6212-5233

CEATEC JAPAN広報・PR担当
(株式会社井之上パブリックリレーションズ)
担当:吉田 E-mail:press2015@ceatec.com TEL:090-6956-1686

SHARE