CEATEC JAPAN 2015

Press Releasesプレスリリース

報道資料

2015年10月6日

構造計画、SDRを応用した高精度GNSSシミュレータ"SDR-SAT"を開発

株式会社構造計画研究所(本社:東京都中野区、代表取締役社長 CEO:服部正太)は、2015 年10 月6日、千葉市の幕張メッセで開催されているCEATEC JAPAN 2015 会場にて新開発のGNSS衛星信号ジェネレータ(以下、GNSS シミュレータ)「SDR-SAT」の発表を行い、同時に販売を開始します。
自動運転やドローンによる社会インフラ維持管理の自動化など、測位の高精度化に対する要求は益々高まっています。GNSS シミュレータは、各国が打ち上げる衛星測位システム(GPS(米), GLONASS(露)、Galileo(EU), BeiDou(中国), QZSS(日本)など)の複数のGNSS を同時に利用するなど(マルチGNSS)、最新の衛星信号技術の有効利用に貢献します。構造計画研究所はこれまでに15 年以上に渡って積み上げて来た電波伝搬シミュレーションの技術、無線物理層のシミュレーション技術を応用した、世界に類を見ない高精度のGNSS シミュレータを提案します。また、SDR-SAT はソフトウェア無線(SDR)を応用することで、他社製品にない高度なフレキシビリティを持ったGNSS シミュレータです。
■ SDR-SAT 製品概要
SDR-SAT はGUI ベースのGNSS 信号生成ソフトウェア"SAT Synthesizer"を標準搭載しており、簡単なGUI 操作により地球上の任意の地点のGNSS 受信信号を生成することができます。また、GNSS 信号生成には中部大学電子情報工学科の海老沼拓史講師が開発したオープンソースソフトウェアgps-sdr-simを採用しており、ソフトウェア無線(SDR)技術によりGNSS 信号を生成していることから非常に高いフレキシビリティを持った製品となっています。
gps-sdr-sim はGNSS 航法データに基づく可視衛星推定、航法ファイルメッセージとC/A コード生成を可能としており、1 つの物理チャネルにて最大12 基の(GPS)衛星信号を合成出力可能です。L1 チャネル(1575.42MHz) C/A 信号に対応しています。

関連リンク

URL 1
https://www.facebook.com/RapidRadioJP

構造計画研究所"RapidRadio JP"フェースブックページ

URL 2
http://network.kke.co.jp/products/rrp/

構造計画研究所のソフトウェア無線(SDR)ソリューション

URL 3
http://network.kke.co.jp/products/gps-studio/

衛星測位分析ツール"GPS Studio"

関連ファイルダウンロード

SDR-SATニュースリリース

SHARE