CEATEC JAPAN 2013

プレスの方へ

出展者専用サイト

CEATEC JAPAN 2013  

プレスの方へ

出展者専用サイト

Newsニュース

Vol.051

ホンダはパーソナルモビリティー「UNI-CUB」の試乗と「体重支持型歩行アシスト(試作機)」を参考出展!

カテゴリー : Lifestyle Innovation 2013

 ホンダは、今回のブースで「家にもエンジンを」、「屋内にもモビリティーを」、「つながるクルマを」の3つのテーマで自社製品を紹介している。その中で、「屋内にもモビリティーを」のテーマでは、パーソナルモビリティー「UNI-CUB」の展示と試乗を、また研究開発中の「体重支持型歩行アシスト(試作機)」を参考出展している。

ホンダブースの様子ホンダブースの様子

パーソナルモビリティー「UNI-CUB」の試乗が可能

パーソナルモビリティー「UNI-CUB」パーソナルモビリティー「UNI-CUB」

 UNI-CUB(ユニカブ)は、2009年公開のパーソナルモビリティー「U3-X」をベースにし、人との調和を目指し、前後左右や斜めへの自由自在な動き、人の両足の間に収まるコンパクトなサイズを両立した、新たなパーソナルモビリティーだ。

 Honda独自のバランス制御技術と全方位駆動車輪機構(Honda Omni Traction Drive System)により、身体を傾けて体重移動するだけで速度や方向の調整ができ、前後移動に加えて真横や斜めなどさまざまな方向に動き、曲がり、止まることを可能としたことで、周囲の人の動きに対しても機敏に対応することができる。なお、このUNI-CUBは、ブース7の走行デモ&試乗エリアで試乗できる。

実際に「UNI-CUB」を試乗している様子実際に「UNI-CUB」を試乗している様子

「体重支持型歩行アシスト(試作機)」を参考出展

参考出展の「体重支持型歩行アシスト(試作機)」参考出展の「体重支持型歩行アシスト(試作機)」

 この他、ブース内のガレージコーナーには「体重支持型歩行アシスト(試作機)」を参考出展している。機器につながった靴を履き、シートを持ち上げるだけで、アシストを開始する。靴に内蔵したセンサーなどの情報で2個のモーターを制御し、脚の動きにあわせてアシスト力の左右配分を変えることで自然な歩行を実現できるため、「お年寄りなど足が不自由な方の階段昇降や中腰などひざへの負担が大きな動作・姿勢が楽になる」(説明員)と解説した。

ブース番号 6G28
出展者詳細情報はこちら

関連リンク

本田技研工業(株)
http://www.honda.co.jp/
Honda UNI-CUB(ユニカブ)
http://www.honda.co.jp/UNI-CUB/

open

TOPへ
戻る