CEATEC JAPAN 2000の実績

会期

2000年10月3日(火)~10月7日(土)

会場

幕張メッセ(日本コンベンションセンター)

出展の傾向

「暮らしステージ」の傾向
デジタルネットワーク製品や技術の展示が多く見られました。 12月から始まるBSデジタル放送に対応したBSデジタルテレビは各社から紹介され、それに使われるデジタルレコーダー、小型メモリーカード、さらには PDA、パソコン、携帯電話、ブルートゥースの提案などがあり、家庭や個人に広がるAVとIT融合の時代を予感させる展示内容でした。

「ビジネスステージ」の傾向
従来、半導体市場の牽引役をしてきたパーソナルコンピュータに代わって、携帯電話やデジタルカメラを始めとしたデジタル家電が台頭する傾向が一段と進んだ。これは、ブロードバンド化と共に進行している。こうした製品の生産には、多くの新技術や部品、素材などが必要で、軽量化・小型化・低消費電力化、ノイズ対策などの技術分野において、多くのハードルをクリアすることが問われている。出展された製品・部品などにはいずれもこうした要求に応える意欲と技術力、開発力が色濃く感じられた。 12月1日からの地上デジタル放送開始を前に、家電メーカ各社はプラズマテレビと液晶テレビの新製品を投入した。その他に有機EL、無機EL、FED (フィールド・エミッション・ディスプレイ)、マイクロディスプレイなども多く展示され、その用途も広がって、ディスプレイのめざましい進化と多彩なラインアップが紹介された。

「産業ステージ」の傾向
デジタルネットワーク・IT時代の到来を踏まえ、暮らしステージ、ビジネスステージと連動した新製品や新技術の展示が多く見られました。

出展者数748社

ステージ/ゾーン 出展者数 出展小間数
日本 海外 合計
暮らしステージ プロダクツゾーン 61 20 81 606
サービス・ソフトゾーン 14 5 19 40
小計 75 25 100 646
ビジネスステージ ネットワークコンピューティングゾーン 111 7 118 541
コミュニケーションゾーン 70 35 105 515
サービス・ソフトゾーン 52 4 56 64
小計 233 46 279 1,120
産業ステージ 電子デバイスゾーン 51 22 73 578
電子部品ゾーン 166 105 271 810
産業用機器ゾーン 14 4 18 54
サービス・ソフトゾーン 7 0 7 10
小計 238 131 369 1,452
合計 546 202 748 3,218

来場者数172,053人

  10月3日(火) 10月4日(水) 10月5日(木) 10月6日(金) 10月7日(土) 合計
国内登録来場者 13,667 21,524 37,992 43,762 20,056 137,001
プレス 582 273 276 273 161 1,565
出展関係者 8,276 6,257 6,366 6,334 6,254 33,487
登録来場者合計 22,525 28,054 44,634 50,369 26,471 172,053

CEATEC JAPAN Official Members Site

Prime Media Partner

  • ieee
  • ナレッジパートナー
  • メディアパートナーバナー
  • 公式Facebook
  • 出展をご検討の方へ

日本の技術産業は、一つの大きなチームだ。
技術力で世界をリードしつづけてきた、強いチームだ。
そしていまこそ、さらに力をあわせ、
もっと知恵を出し合い、たくさんの工夫をするとき。
困難が大きいほど、大きな飛躍が生まれる。
「チーム・テクノロジー・ジャパン」
この大きなチームから生まれ出てくるものが、つぎの日本を支え、世界をリードしていくと信じて。

このページのTOPに戻る