CEATEC JAPAN 2001の実績

会期

2001年10月2日(火)~10月6日(土)

会場

幕張メッセ(日本コンベンションセンター)

出展の傾向

2001年は、ブロードバンド、電子ディスプレイ、ホームネットワーク、ブルートゥース、PDAIMT2000、ITS、e-Japanなどに代表される 21世紀のITおよびエレクトロニクスのトレンドを示す多彩で夢のある展示が行われた。展示構成は、来場者のニーズを明確にするため、「明日の暮らし」を提案するホーム&パーソナル、「明日の社会」を提案するネットワークソサエティ、「明日のビジネス」を提案するビジネスソリューション、そして「最先端のテクノロジー」を紹介するインダストリーの4ステージとし、それぞれの分野での最新製品技術が紹介された。

出展者数833社

ステージ/ゾーン 出展者数 出展小間数
日本 海外 合計
ホーム&パーソナルゾーン 27 2 29 430
ネットワーク・ソサエティ 98 16 114 592
ビジネス・ソリューション 221 30 251 565
電子部品・デバイス&装置 電子デバイスゾーン 58 41 99 531
電子部品ゾーン 162 129 291 804
通信機器・産業機器ゾーン 33 16 49 104
合計 599 234 833 3,026

来場者数158,830人

  10月2日(火) 10月3日(水) 10月4日(木) 10月5日(金) 10月6日(土) 合計
国内登録来場者 11,124 20,580 32,046 36,883 17,868 118,501
海外登録来場者 139 445 390 305 344 1,623
プレス 559 245 211 205 94 1,314
出展関係者 8,581 7,261 7,084 7,529 6,937 37,392
登録来場者合計 20,403 28,531 39,731 44,922 25,243 158,830

CEATEC JAPAN Official Members Site

Prime Media Partner

  • ieee
  • ナレッジパートナー
  • メディアパートナーバナー
  • 公式Facebook
  • 出展をご検討の方へ

日本の技術産業は、一つの大きなチームだ。
技術力で世界をリードしつづけてきた、強いチームだ。
そしていまこそ、さらに力をあわせ、
もっと知恵を出し合い、たくさんの工夫をするとき。
困難が大きいほど、大きな飛躍が生まれる。
「チーム・テクノロジー・ジャパン」
この大きなチームから生まれ出てくるものが、つぎの日本を支え、世界をリードしていくと信じて。

このページのTOPに戻る