CEATEC AWARD 2012
多分野のプロダクツやシステムのスマート化を支える
スマート・キーテクノロジ部門

グランプリ

受賞製品 / 技術 / サービス名
世界最小!
自動車搭載用SiC IPM(Intelligent Power Module)
受賞者
ローム(株)
出展場所 展示ホール 7 ブース No 7G04
製品概要 ハイブリッドカーやEVの車輪を回すモーターを制御するモジュール。
従来のパワーモジュールの10分の1以下のサイズに小型化を実現。
使用しているSiCは、これまで世界最高性能の低損失を示している。
選評 安全性も含めて、完成度が高く、インパクトの大きな革新的製品。
EV時代をにらんだ重要な技術といえる。

準グランプリ

受賞製品 / 技術 / サービス名
電動歩行アシストカー
受賞者
(株)村田製作所
出展場所 展示ホール 8 ブース No 8F87
製品概要 ムラタセイサク君(R)、ムラタセイコちゃん(R)の「倒れない技術」を応用した、電動アシスト機能つきの2輪歩行補助具。
センサと制御技術でバランスを保って転倒を防止し、傾斜をセンシングして坂道歩行をアシストする。
選評 高齢化社会に向けた、きわめて実用的かつ社会的意義の大きな技術。

受賞製品 / 技術 / サービス名
PV・EV連携HEMS
受賞者
三菱電機(株)
出展場所 展示ホール 3 ブース No 3B59
製品概要 太陽光発電(PV)と大容量蓄電池をもつEVを連携制御するPV・EV連携パワコンと、家庭内のHEMSを連携することで、平常時でも災害時でもエネルギーの最適利用を実現するシステム。
選評 家庭向けのトータルシステムとしての完成度が高い。
大きな課題であるエネルギーを見通す重要なシステムといえる。

CEATEC JAPAN Official Members Site

Prime Media Partner

  • ieee
  • ナレッジパートナー
  • メディアパートナーバナー
  • 公式Facebook
  • 出展をご検討の方へ

日本の技術産業は、一つの大きなチームだ。
技術力で世界をリードしつづけてきた、強いチームだ。
そしていまこそ、さらに力をあわせ、
もっと知恵を出し合い、たくさんの工夫をするとき。
困難が大きいほど、大きな飛躍が生まれる。
「チーム・テクノロジー・ジャパン」
この大きなチームから生まれ出てくるものが、つぎの日本を支え、世界をリードしていくと信じて。

このページのTOPに戻る