プライバシーポリシー・関連リンク・サイトマップ・お問い合わせ・
・詳細アクセス・宿泊情報
日本語・English・中文
ホーム > 特別展示・企画/イベント情報 > 特別企画展・その他イベント情報

特別企画展・その他イベント情報

デジタルコンテンツパビリオン

デジタルコンテンツパビリオン 日本のデジタルコンテンツ産業の活力と多様性、方向性を発信し、参加するコンテンツメーカー・コンテンツ関連企業のビジネス機会の拡大と、産業全体の育成・発展に貢献する展示を行います。

オートモーティブパビリオン

オートモーティブパビリオン デジタル社会を構成するインフラやユーザー環境として、クルマの比重はますます高まっています。これまで特別企画として展開してきた、クルマを支える電子部品・デバイス技術の展示を発展させ、より一般・企業のクルマユーザーに直結した技術・製品としての先端技術を紹介します。

RFIDパビリオン

RFIDパビリオン 様々な業界で「実用化」が広がっているRFIDの最先端技術や最新応用技術を、多数・多分野の企業に具体的な形で展示いただき、RFIDの更なる市場への広がりと産業の活性化に貢献する展示の展開します。

先端実装パビリオン

先端実装パビリオン デジタル製品の高機能化、小型化など、IT・エレクトロニクス産業の各分野を支える実装技術は年々進展し、その最先端技術は大きな注目を集めています。デジタル社会と最先端IT・エレクトロニクス産業を支える実装技術を紹介します。

いちおしナビ

いちおしナビ 場所:2階中央モール
電子部品・デバイス&装置ステージ出展各社の目玉となる製品内容が記載されたパネルを会場入り口に集めたコーナーを設置します。出展各社の「いちおし」製品をすばやく把握いただけます。

MONODZUKURI PLAZA

MONODZUKURI PLAZA 今後日本は、新しい価値創造による持続可能なモノづくり社会を構築し、同時に、新産業分野創出に向けた“イノベーション”を行っていく必要があります。そこで、「モノづくり推進会議」が、新たに主催する「モノづくり部品大賞」(日刊工業新聞社共催)受賞製品を紹介、その他モノづくり啓発に係わる内容を展示します。
※モノづくり推進会議は、モノづくりの進化に貢献することを目的に設立されるものです。
協力:モノづくり推進会議(2007年9月設立予定)・日刊工業新聞社

学生によるインターネット放送「intebro」

学生によるインターネット放送「intebro」 放送日:8月上旬~10月下旬 場所:2階中央モール
東京工科大学の学生が企画・運営するインターネット放送局「intebro(インテブロ)」が、CEATEC JAPANの会場スタジオからライブ映像を配信します。

ジュニア&キッズ電子工作教室

ジュニア&キッズ電子工作教室 開催日:10月6日(土) 場所:イベントホール
小中学生および親子連れを対象に、ものづくりの楽しさを体験していただき、エレクトロニクスに興味を持っていただくことを目的に電子工作教室を開校します。
ハンダごてで電子部品を基板に取り付け、電子模型を組み立てます。完成品は参加者にプレゼントします。

情報大航海プロジェクト

情報大航海プロジェクト 本プロジェクトは、Web中心の情報検索を超えた次世代の検索・解析技術を開発し、個人の生活、ビジネスなどのあらゆる局面で新たなコミュニケーションニーズに応えるサービスの創出を目指します。CEATEC JAPANでは、情報大航海プロジェクトが目指す新技術と、今回採択されたモデルサービスを中心に、これから展開される『情報大航海ビジネス』をご紹介します。携帯サービス、デジタル映像機器、IC乗車券等が生み出す莫大な情報を、ユーザの状況に応じて有機的に結びつけることで実現されるサービスをご体感ください。

ネットKADEN2007

ネットKADEN2007 生活の中で利用するさまざまな機器がネットワークにつながり、それらを通して新しいサービスが提供されはじめました。それにより、新たなライフスタイルの創造がはじまっています。このような新しい価値を生み出す機器やサービスを「ネットKADEN」と名づけ、その普及促進とサービス開発支援をめざして、「ネットKADEN大賞」が2005年度に創設されました。情報家電分野の商品・サービスの一般生活者への認知を促進し、その価値を高め、さらに発展・拡大させていくことを目指しています。今年度はその第3回目として「ネットKADEN 2007」を実施します。
今回は「CEATEC JAPAN 2007」会場にて表彰式を行います。

u-Japan ベストプラクティス 2007

2010年にユビキタスネット社会の実現を目指す「u-Japan政策」の一環として、生活やビジネスの様々な場面の課題を解決するICT利活用事例である、「u-Japan ベストプラクティス」を取りまとめた事例集を作成しました。その中から優秀表彰事例の紹介を行います。

全国ロボット相撲大会ものづくり体験教室

開催日:10月6日(土) 場所:イベントホール
● 組立式ヒコーキ 工作教室:タンバ博士の紙ヒコーキ研究所から本格的な
  紙ヒコーキ製作教室を企画しています。
  キットはこちらでご用意致しますので、手ぶらで気軽に参加できます。
● ロボットフットボール 体験コーナー
● 新ラジコン 体験コーナー:ラジコンカーレース/ラジコンヘリコプター
● レスキューロボット 展示とデモコーナー:千葉工業大学 未来ロボットセンター
主催:全国工業高校長協会
協力:富士ソフト(株)

JAPAN国際コンテンツフェスティバル

JAPAN国際コンテンツフェスティバル コンテンツクリエイターやコンテンツ制作事業者の創造性とソフトウェア開発事業者やハードメーカーの技術等の連携により、最新のコンテンツの表現や流通モデル等を創出する取り組みを取り上げ、その連携のあり方や成果等を国内外へ紹介し、ビジネス機会創出を促進し、日本国内においてさらなる新しい取り組みが促されるよう啓発を図り、JAPAN国際コンテンツフェスティバルのオフィシャルイベントとしての役割を担ってまいります。
CEATEC JAPAN 2007はコ・フェスタのオフィシャルイベントです。
デジタルコンテンツ コラボ スクエア
JAPAN国際コンテンツフェスティバルの一環の企画として、デジタルコンテンツ コラボ スクエアにおいて、デジタルコンテンツパビリオンと併設・連携し、コンテンツクリエイターとハード、ソフト等事業者とのコラボレーションに焦点をあてた特別企画出展を行います。最新のコンテンツ表現をはじめ、制作スキームの変革や流通・ビジネスモデルの創出、人材の育成や分野を超えた交流など、新たなコンテンツ創出の取組みを国内外へ発信します。
また、10月4日にはコンファレンスも開催します。
ページトップ
特別展示・企画/イベント情報
主催者特別展示
特別企画展・その他イベント情報
出展ブースイベント情報
入場事前登録 コンファレンス聴講予約 オフィシャルメンバーサイトにて受付中!※要メンバー登録(無料)